横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

天台宗の葬儀とはⅡ

2019年3月22日

 今回は前回に続き天台宗の葬儀に付いて書かせて頂きました。

 天台宗の教えでは衆生は全て仏性を持っており、必ず仏になることが出来ると説きます。仏に成る為には 仏様と縁を結ぶ事が大切となり、その為 葬儀にあたっては 先ず心身ともに仏様の弟子になるための儀式を行い、その後 仏弟子としてこの世(娑婆世)を離れ 仏の国(浄土)へ向かう事となります。

 葬儀

1 身体を清浄ににする。

 仏の浄土への門出に際し 姿形を改めて清浄にします。洒水(しゃすい 水で清める) 塗香(香で清める)で清めた後、髪を剃ります(剃髪)。剃髪は煩悩を除き去る儀式として行いますが 実際に髪を剃る事はあまり行われません。

2 心を清浄にする。

 次に心を清浄にします。私たちが生きて行く為には多くの助けを受けなければ成りません。生きてゆくこと自体が他の犠牲の上で成り立ち、意識 無意識に係わらず多くの罪を背負ってもいます。それらを懺悔し 心を清浄にするため懺悔の文を唱えます。

3 戒名を授かる(三帰授戒)

 心身ともに清浄になったところで、いよいよ仏の教えを授かります。ここで授かる教えは 仏教徒としての基本である 三っの戒めであります。第一は帰依仏 先ずなんと言っても仏を信じなければ始まりません、第二は帰依法で 仏の残された教えを法と言い それを信じることです、そして 第三が帰依僧で 仏の法えお実践する人を僧と言い 僧の教えに従い それを拠り所にして暮すことです。この三っを仏様に誓うことで 成仏の縁を受ける事ができます。

4 戒名

 戒を受け終わった証が戒名です。戒名は仏の弟子としての名前です。法名とも言われ 漢字二文字で表わされます。現在では 法名の上に道号二文字や院号などが付けられますが 仏弟子としての大切な名前は法名の二文字です。法名は生前に授戒して仏様を心に頂いて生活する事が本来の姿ですが、葬儀の中で頂くことも出来ます。

5 引導(いんどう)・下炬(あこ)。

 旅立ちの準備も整い、いよいよこの世とのお別れとなります。全ての執着心を絶って浄土に向かう訳です。最後にもう一度 仏の教えにより、必ず成仏することを 旅立ちの錢として言い渡すのが引導です。次に 霊棺に松明で火を点ける下炬の儀式を行います。勿論 実際に火をつける訳ではありませんが、釈尊の最期に倣って 火葬の儀式を行うわけです。

6 念仏

 最後に 新霊の往生(浄土に生まれ直す)をお迎えの阿弥陀如来にお願いし 十返のお念仏が唱えられて葬儀は終了します。

本内容は天台宗のHPを参考に書かせて頂きました。

   今回は以上です。