横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

葬儀 浄土宗Ⅱ

 今回は前回に引き続き葬儀浄土宗Ⅱに付いて書かせて頂きました。

 浄土宗では 臨終行儀を大切にしてきた伝統から枕経を重視して居り、このときに授戒するのが基本とされて居りました。しかし 現在では 枕経は 来迎仏をあげて念仏だけで良い と変化し、授戒は通夜のときに行うのが一般的となっております。

 浄土宗に於ける葬儀式は 堂内式と称します。その次第は以下の通りです。但し 葬儀式をご自宅で行う場合は 省略される部分も御座います;

序分(諸仏をお迎えし、讃嘆し、仏前で懺悔する部分)

1 洪鐘(こうしょう) 法要があることをご案内。

2 法鼓(ほうこ) 法要の開始準備をご案内、ご遺族・参列者 入堂。

3 喚鐘(かんしょう) 導師・式衆 入堂。

4 作相(さそう) 威儀を整える。

5 香偈(こうげ) 香を焚き、清らかな心になることを願う。

6 三宝礼(さんぽうらい) 仏・法・僧の三宝に礼をする。

7 奉請(ぶじょう) 諸仏の入場をお願いする。

8 懺悔偈(さんげげ) 迎えた仏、菩薩に対し自己の罪業を懺悔する。

正宗分(仏の説法を聞き 念仏し その功徳を回施する部分)

9 転座(てんざ) 向きを本尊から柩に変える。

10 作梵(さぼん) 転座する際に梵語の 四智讃を唱える。

11 合はち(がっぱち) はちを鳴らす。

12 鎖龕(さがん) 棺を閉ざす儀式。

13 起龕(きがん) 葬場へ赴くために柩を起こす儀式。

14 奠湯(てんとう) 葛湯を霊前に供養する儀式。

15 奠茶(てんちゃ) 茶を霊前に供養する儀式。

16 霊供(りょうぐ) 仏飯を霊前に供える。

17 念誦(ねんじゅ) 念誦僧が節をつけて唱えること。

18 下炬(あこ) 二本の松明を持ち、1本を捨て、残りの1本で一円を描き、下炬引導文を述べる。捨てるのは 厭離穢土(えんりえど)の意味、一円を描くのは欣求浄土(ごんぐじょうど)の意味を表す。終えると同時に松明を捨てて 十念を授ける。

19 弔辞(ちょうじ) 弔辞がある場合は ここで拝読。

20 開経偈(かいきょうげ) 誦経に際して 教えの真義を体得することを願う。

21 誦経(ずきょう) 四誓偈か仏身観文を読経、この間に焼香。

22 摂益文(しょうやくもん) 念仏を唱える者は皆仏に守られる との偈。

23 念仏一会(ねんぶついちえ) 救われる幸いを喜び、感謝し、数多く念仏を唱える(この間に向きを柩から本尊に変える)

24 回向(えこう) 死者の霊に誦経・念仏の功徳を捧げる。

25 総回向(そうえこう) 誦経・念仏の功徳を一切のものに振り向け、往生を願う。

流通分(誓いを新たにして仏をお送りする部分)

26 総願偈(そうがんげ) 仏道修行の四願を誓い、成就を念じ往生を願う。

27 三身礼(さんじんらい) 阿弥陀仏への帰依を表明する。

28 送仏偈(そうぶつげ) 諸仏諸菩薩を心からお送りする。

29 退堂(たいどう)

焼香は 仏や亡き人にご自分の真心をささげて供養すると共に 自らの身心を清らかにする為に 焚きます。

焼香をする際には 香炉の前に姿勢を正して合掌し、一礼した後、香合のお香を右手の親指、人差し指、中指の3指で軽くつまみ、その手を仰向けにし、この右手に左てを添えて、これを恭しく額の高さまで持ち上げ、そして 香炉の炭の上にくべます。くべ終わりましたら 再び合掌をして 最後に一礼します。焼香の回数は特に拘りません。

   今回は以上です。