横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

葬儀 浄土真宗

今回は葬儀 浄土真宗に付いて書かせて頂きました。

 浄土真宗は 親鸞聖人を宗祖と仰ぐ仏教の宗派ですが、絶対他力 平生業成を基本とし、全ての人が 阿弥陀如来の慈しみの世界(浄土)に納め取られ 仏と成る と教えます。人の往生、成仏は 阿弥陀如来のひとり働きによるのみで 普段にご信心をいただいているならば 浄土往生と成仏は平生に約束されていることなので 死者のために 成仏を祈る必要はない とされます。従いまして 浄土真宗の葬儀は ご遺体に対してではなく、ご本尊 阿弥陀如来の 仏徳を讃嘆し、故人様を偲びつつ、報謝のまことをささげる儀式となり、他宗派の葬儀で行う 授戒と引導は行いません。

 浄土真宗の葬儀では 日常勤行がそのまま移行する形で葬儀式が形成されます。従い 浄土真宗各派(10派、その中で大きな派は 本願寺派(西本願寺)と 大谷派(東本願寺)の二つ)の葬儀の違いは 各派の日常勤行の違いを表わしております。葬儀の目的は各派とも大きな相違は御座いません。

 浄土真宗の葬儀が 他宗派と大きく異なる点は 授戒と引導を行わないと共に 回向の意味合いです。通常 回向は ”私達の功徳を死者にめぐらし差し向ける”ことにありますが、浄土真宗では 死者に対する回向は無く、”仏から頂く功徳を仏の本願によって人々におよぼしていただけることを喜ぶ”となります、人間には他に分かち合うだけの功徳が備わっていないと考えるからです。

 更に 浄土真宗では 往生即成仏ですので 死出の旅路に必要とされる 死装束は不要となります。霊も認めていません。中陰に付いても 供養をしなければ成仏出来ない とする考えは有りません。穢れを清めると言う考えも有りませんので 浄めの塩も不要で、むしろ失礼にあたると考えます。

 浄土真宗に於ける 葬儀式は 死者は死という事実を身をもって示し、私たちに死を迎える用意が出来ているかを無言の内に教えているにであるから、これを機縁としてご本尊 阿弥陀如来に対して 報恩感謝し、仏の教えを学ぶ 聞法 の場であると位置付けております。

 浄土真宗の葬儀に際して 使用しない言葉は以下の通りです;

ご霊前-   ご仏前・ご尊前

祈る-    念じる・お念じ申し上げます

冥福を祈る- 哀悼の意を表します

戒名-    法名

魂ー     故人

ご回向を頂く- おつとめを頂く・読経を頂く

引導をわたす- おかみそりを行う

安らかにお眠り下さい- 私たちをお導き下さい

幽冥境を異にする- 御仏の国に生まれる

天国に昇天する- お浄土に生まれる

草ばのかげー お浄土・み仏の国

   今回は以上です。