横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

葬儀 浄土真宗Ⅱ

 今回は浄土真宗の葬儀式に付いて書かせて頂きました。

 浄土真宗の葬儀式は ご遺族やご縁故の方々が集まり 故人様を偲んで共に読経念仏して 尊い仏縁にあうという大切なご縁であると共に 亡き人に永遠の別れを告げる葬送儀礼でもあります。華美になることなく、又 見栄や外聞にとらわれることなく、阿弥陀如来のおはたらきによって お念仏をいただかれて お浄土へ還られた故人様を偲びながら、人生における生と死の問題にしっかりと目を向け、浄土真宗に相応しい葬儀式でありたいものです。世間には 葬儀にまつわる様々な 風習や世俗の迷信・俗信がありますが、浄土真宗では それらに振り回される事無く、簡素な葬儀でなければ成りません。

 臨終勤行である 枕経では ご本尊の前にご遺体を安置し勤行を行います。本願寺派では 阿弥陀経を読経し、念仏し、和讃、回向を行います。故人様が帰敬式・法名を受けていない時は、おかみそり・法名を枕経の段階で授けます。

 通夜勤行は 本願寺派では枕経と同じですが 最後に法話が行われます。通夜の前にご納棺を行いますが、このとき 棺の蓋の内側に 棺書(名号、命日、法名、年齢 等)を書くことが有ります。

 本願寺派の葬儀式次第は以下の通りとなります;

1 偈文(げもん)  帰三宝偈

2 念仏(ねんぶつ) 短念仏(ナムイダ あるいは ナンダム)

3 回向(えこう)  

4 お別れの言葉  弔辞に当りますが、死者を讃えるのではなく ”お浄土より我々を照覧して お導き下さい”という言い方を主とします。

5 三奉請(さんぶじょう) 法要を始めるに当たり、阿弥陀如来、釈迦如来、十方如来あるいは諸菩薩衆に入場を請う偈。

6 正信偈(しょうしんげ) 親鸞聖人の”教行信証” に付せられた120句からなる偈。

7 念仏(ねんぶつ) 短念仏。

8 和讃(わさん) ”本願力あひぬれば、むなしくすぐる人ぞなき‥‥。

9 回向(えこう) 

 ご遺体を火葬する時に行うのが 火屋勤行で 偈文(重誓偈)、念仏、回向となります。ご収骨のさいに行うのが 収骨勤行で 偈文(讃仏偈)、念仏、回向となります。

焼香は一回 額にはいただきません、香を香炉にくべる前に合掌はせず リンをならしたりもしません。線香を供える際は 一本の線香を 二つ あるいは三つに折り、火を点けた後に 線香を横に寝かせて供えます(寝線香)。

   今回は以上です。