横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

葬儀 臨済宗Ⅱ

 今回は葬儀 臨済宗Ⅱに付いて書かせて頂きました。

 臨済宗は 中国禅宗五家(臨済、仰(いぎょう)、曹洞、雲門、法眼)の一つで、日本には 鎌倉時代に中国 宋に渡り 修学した 栄西禅師(千光国師)により始めて持ち込まれ、その後 何人もの僧侶により 日本に伝えられ、様々な派が成立しました。栄西禅師は 帰国後 紆余曲折の後 鎌倉幕府の支持を得て、二代将軍 源頼家の庇護の下、京都に建仁寺を建立して 布教活動を行いました。その教えは 師から弟子への悟りの伝達を重んじ、釈迦を本師釈迦如来大和尚 インドから中国へ禅を伝えたとされるボーディダルマを初祖菩提達磨大師 中国 宋の臨済禅師を宗祖臨済大師と呼んで崇拝しております。

 臨済宗の臨終の儀式は 枕経諷経(まくらきょうふぎん)と言い、観音経・大悲呪(だいひしゅう)などが 読まれた後に 菩薩の4っの誓いである 四弘誓願(しぐせいがん)が読まれます。通夜の儀式は 通夜諷経と呼ばれ、夜を通して死者の冥福を愛惜の念を込めて祈り、観音経・金剛経が読まれた後に 四弘誓願が読まれます。尚 諷経とは 声を揃えて経文を読むこと を意味します。

 葬儀式に於ける 一般的な授戒以降の次第は以下の通りです;

1 授戒(じゅかい) 故人様を剃髪し、授戒し、釈迦牟尼仏の弟子にする。剃髪偈を 剃刀を持って唱え、悪行を懺悔し清らかな身・口・意による入滅を願う 懺悔文、仏・法・僧に帰依して信心のまことを捧げる 三帰戒文を故人様に代わって唱え、その後 五戒・三聚浄戒・十重禁戒を授ける。

2 入龕諷経(にゅうがんふぎん) ご遺体が棺に入るときに行う。大悲呪を読み、回向文を唱える。

3 龕前念誦(がんぜんねんじゅ) 本来は葬儀式の前夜に行う。故人様のために諷経し、故人様が悟りを得ることを願って営むことを明らかにする龕前念誦を唱え、十仏名を唱和し、大悲呪を読み、回向文を唱える。

4 鎖龕諷経(さがんふぎん) 柩に蓋をして閉ざすときに行う。大悲呪を読み、回向文を唱える。

5 起龕諷経(きがんふぎん) 出棺に際して行う。大悲呪を読み、回向文を唱える。

6 葬列(そうれつ) 遺族・親族・故人様の関係者が柩に伴い、葬列を組んで寺に移動し、これを一般の会葬者は見送る。往生咒が読まれ、チン(いんけい) ドン(たいこ) チャラン(はち)を鳴らしながら進む。

7 山頭念誦(さんとうねんじゅ) 山は元来 寺や火葬場を表わす。本来は火葬 又は土葬に際しての念誦と考えられます。

8 引導法語(いんどうほうご) 引導は 苦海の衆生を大悟の境界に引き導く こと。授戒と共に葬儀式の中心となります。

臨済宗の焼香は 額にいただかずに一回が一般的ですが、宗派や地域によっては 二回、三回の場合も御座いますので、ご導師に確認する事をお薦め致します。

   今回は以上です。