横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

葬儀 曹洞宗Ⅱ

 今回は葬儀 曹洞宗Ⅱに付いて書かせて頂きました。

 曹洞宗は 鎌倉時代に道元禅師により 中国から日本に伝えられた禅宗です。道元禅師は自らの教えを”正伝の仏法”であるとしてセクショナリズムを否定しました。弟子達には自ら宗派名を称することを禁じ、禅宗の一派として見られることにも拒否感を示し、どうしても名乗らなければならない時のみ 仏心宗 と称するよう示したと伝えられます。禅師の入滅後(死後) 次第に禅宗を標榜する様に成り、第四祖・第五祖の頃から曹洞宗を宗派の呼称として用いる様に成りました。鎌倉・室町時代には 臨済将軍曹洞土民 と言はれ、臨済宗が時の中央武家政権の庇護を受け 政治・文化的に重んじられたのに対し、曹洞宗は 地方武家・地方豪族・下級武士・一般民衆の間に広まりました。大本山は 福井県吉田郡永平寺町の 吉祥山永平寺(開山;道元、本尊;釈迦如来・弥勒仏・阿弥陀如来)と 神奈川県横浜市鶴見区の 諸嶽山総持寺(開基;行基、本尊;釈迦如来)の 2山があります。その葬儀は 故人様を偲び・讃え、ご遺族を労り・慰める為に 営まれるものとされます。

 故人様 ご臨終の際は 臨終諷経(りんじゅうふぎん、枕経)として、臨終者の枕元で 仏遺教経(ぶつゆいきょうぎょう)、又は 舎利礼文(しゃりらいもん)を読み、回向を唱えます。通夜では 僧侶が 葬送の辞 を述べ、修証義(道元禅師の主著 正法眼蔵 の内容を解り易く編集した書)や舎利礼文などを適宣 読み、最後に回向を唱えます。最後に説法が行われます。

 葬儀式の次第は;

1 入堂(にゅうどう)

2 剃髪(ていはつ) 導師は香をたき合掌して 流転三界中 を三唱。柄を紙でまいた剃刀を香に薫じ、両手の親指と人差し指の間に挟んで合掌。剃除鬚髪‥‥くぎよう寂滅 と三唱の内に剃刀を髪にあてる。(男性の場合は下顎にも)。

3 授戒(じゅかい) 懺悔、三帰戒、三聚浄戒、十重禁戒、血脈授与から構成される。悪業を懺悔し、身・口・意の三業を懺悔して清浄を得たので三宝に帰依し、仏の戒め 法を守り 世の為に尽くすという 三聚浄戒を授かり、不殺生などの十重禁戒を授かり、仏弟子に入る血脈を授かる という流れになります。

4 入棺諷経(にゅうかんふぎん) 大悲心陀羅尼 を読み、回向を唱える。

5 龕前念誦(がんぜんねんじゅ) 故人の死に当たり、諸仏のみ名を唱え、その功徳が故人の悟りえの道をより美しいものにすることを祈念する意味の念誦を唱え、十仏名を唱え、舎利礼文を読み、回向文を唱える。

6 挙龕念誦(こがんねんじゅ) 維那(儀式をリードする僧)の発声により 大宝楼閣陀羅尼 が読まれ、チンドンチャンと鼓三通する。

7 引導法語(いんどうほうご) 導師が自作の悟りの心境を表わす漢詩を法語として唱える。このとき法炬(たいまつ)を香の薫じ、右回り、左回りに円を描く。故人を一挙に仏世界(悟り)に導く。

8 弔辞(ちょうじ)

9 弔電(ちょうでん)

10 山頭念誦(さんとうねんじゅ) 故人は仏弟子となったので、一路涅槃に入り、仏性の覚醒を助けてくれることを祈願する。ここでご遺族の焼香を行う。

11 回向(えこう) ここで会葬者は焼香を行う。回向に続いて 修証義 などを読誦し、最後に送棺回向を唱える。

12 鼓三通(きはつさんつう)

13 散堂(さんどう)

   退場

 曹洞宗の葬儀に於ける焼香は 数珠を左手にかけ、右手の親指、人指し指、中指の三本で抹香をつまみ、そのまま 右目の高さまでささげ、香炉の中に落とします。回数は二回が基本ですが、地域のしきたりによっては異なる場合が御座います。線香焼香の場合は 一本の線香にロウソクで火をつけ、香炉に立てます。

   今回は以上です。