横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀 日蓮正宗

2015年7月6日

 今回は葬儀 日蓮正宗(にちれんしょうしゅう)に付いて書かせて頂きました。

 日蓮正宗は 日蓮大聖人の高弟六老僧の一人である 日興を開祖とする 仏教の宗派の一つで 日蓮大聖人を宗祖、本仏として仰ぎ、総本山を静岡県富士宮市上條の 多宝富士大日蓮崋山大石寺(たいせきじ)(本尊;本門戒檀の大御本尊、開基;日興)とします。その教えは 御本尊(曼荼羅)に向かって”南無妙法蓮華経”の題目を唱えることにより、いかなる人も仏の境界に至ることができる と説きます。又 その葬儀式は 今生を終えた故人の即身成仏を願う儀式 とされます。

 日蓮正宗 開祖の日興は 1246年 甲斐の国大井庄鰍沢(現在の山梨県富士川町鰍沢)に誕生し、12歳で富士岩本の実相寺へ入室します。その後 ”立正安国論”の執筆に際し 実相寺に入った日蓮大聖人の弟子となり、日蓮の伊豆配流(伊豆流罪)や 佐渡配流に同行し常随給仕をしたとされます。そして 日蓮の高弟六老僧の一人となりますが、日蓮大聖人 入滅後 日興は他の五人の老僧と考えが大きく異なることや、身延の地頭・波木井実長との意見の相違などから 身延山を降り、越前や富士河合に逗留した後 駿河の国上野郷の南条時光の寄進により大石寺を建立しました。

 日蓮正宗は 釈迦説法を末法の世に合う教えではないとして、日蓮大聖人こそ本仏であるとする日蓮本仏論の立場をとり、宗祖(日蓮大聖人)を本仏と仰ぎ、本門戒壇の大御本尊を信じて題目を修行しさえするならば、どんな者でも必ず一生の内に成仏できる として居ります。色々な宗派により 様々な戒律が説かれますが、日蓮正宗の戒は 捨悪と 持善であります。

 葬儀式の次第は 日蓮正宗の日常勤行とほぼ同じで、1 喪主・親族・会葬者 着席、2 僧侶出仕、3 題目三題、4 読経 ”方便品、寿量品”、5 焼香、6 弔辞・弔電 披露、7 読経 ”自我偈”・題目、8 観念文、9 僧侶退出。式は ”導師・喪主・その他弔問客も一体となって故人の即身成仏を心より願い、大御本尊の御威光に照らされて霊山浄土に向かえるよう祈念する” もので、引導は特に有りません。日蓮宗では 日蓮大聖人は ”法華経に帰依することが持戒にまさる” と説いたため、仏弟子としての名を戒名と言わず 法号といいますが、日蓮正宗では ”御受戒” があり ほとんどの場合は 死亡した時に 戒名が与えられます。又 死装束において三角巾や六文銭は用いません。

 日蓮正宗の 焼香は 額に押し頂いて 三回を原則とします。

   今回は以上です。