横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀 金光教

2019年3月22日

 今回は葬儀 金光教に付いて書かせて頂きました。

 金光教は 教派神道連合会に属する 幕末三大新宗教(天理教、黒住教、金光教)の一つで 1859年備中国浅口郡(岡山県浅口市)にて 赤沢文治(金光大神)に立教神伝の神示が下り、立教されました。祭神は 天地金乃神(てんちかねのかみ)と 生神金光大神(いきがみこんこうだいじん)で その教えは 神と人とは”あいよかけよ”の関係(人が助かるには神に願い、神の助けを必要とするが、神もまた人が助かって欲しいという願いを持ち、人を助けることで神としての働きが出来るので助かっているという関係)であるとします。そして ”生きている間も死んだ後も、天と地は我が住処である”と教え、人は神から肉体とともに分霊を授けられて生きており、体の活動が停止した後 霊は 神の下へ還ると考えられて居ります。

 備中国地方では 古くから金神思想というものが有り、日柄方位の吉凶を重視する習慣が重んじられて居りましたが、金光教祖は もろもろの凶事は 人間の勝手気ままから生じる神への無礼が原因であり、神への願いにかなう生き方や行いをすれば、すべてが神に守られた中での生活が行える、と説きました。又 あいよかけよ の関係とともに 人はみな神のいとしご(氏子)であり、それぞれの宗教の開祖も 神のいとしごであるという考えから、他の宗教を否定しないという思想を持ちます。こうした性格から 布教活動的な言論は多く有りません。そして 金光教は 取次ぎの宗教 とも言われ 信者は 各教会の広前に設けられた結界の場に於いて 生神金光大神のてがわり(代理)となる取次者を通じて、それぞれの願い・詫び・断り・お礼を天地金乃神に伝える事により、その願い・祈りを神に届け、そして神からの助けを受けると事します。 

 金光教祖は 生死を超えて神の懐に抱かれ、安心の境地に生きることを促しました。人の死は忌むべきものではなく、葬儀も凶事とはして居りません。従って 死者の柩は神前に置かれ、葬儀は神前で営まれます。活動を停止した肉体の霊は もとの神に帰一し、その個別性を失わずに、霊を祭祀する肉親・縁者とともに生き、交流することで、真に霊としての助かりを得て、その働きをなし得ると考えられて居ります。葬儀は 神に帰一した霊と生者との 新しい関係を生み出す儀式と考えられます。

 金光教の拝礼は 一拝四拍手一拝を忍び手で行います。金光教では 四の数字を忌む一般の風習を戒め、四に よかれ、しあわせ の意味を込めて 拍手を4回と定めました。

   今回は以上です。