横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

危篤・臨終の連絡

2015年9月6日

 今回はご危篤・ご臨終の連絡に付いて書かせて頂きました。

 医師より ご危篤を告げられましたら、まず 息のあるうちに合わせたい方々に 至急連絡をとり、御足労をお願いします。ご臨終のお知らせは 直ぐにお知らせする方と、葬儀日程が決まってからお知らせする方との分けてご連絡します。その様な事態が想定される場合は 事前にそれぞれの際の連絡先をご準備される事をお薦め致します。

 ご危篤の際の連絡先は ご家族や近親者など 血縁の深いご親族、特につながりの深い友人・知人、そして 勤務先・学校・関係団体などで 特別 付き合いの深い方などです。以上が目安ですが、ご本人が会いたがっている方、御家族が会わせたい方に 連絡することが大切です。ご親族でも日頃 それ程親しく行き来してない場合は 特に知らせる必要は有りません。逆に 交流は途絶えていても 本人と深いつながりのある ご両親やご兄弟にはお知らせすべきでしょう。ご危篤の連絡は 相手の方が目上であっても、深夜や早朝であっても電話で構いません。どうしても連絡がとれない場合は Fax・メール・電報などを使用して連絡します。お伝えする内容は 1)危篤者のいる場所の住所(駈け付けて欲しい場所)、2)電話番号、3)最寄の交通機関、4)道順、5)病院であれば 科名・病室番号、6)病状、7)何時来て欲しいか などで ”〇〇が危篤となりました、一目お会い頂きたのですが”とお伝えします。

 ご臨終のお知らせは ご臨終に立会えなかった ご家族、近親者、故人様と親しかった友人・知人、勤務先、学校、関係団体、隣近所や町内会、そして 葬儀でお世話になる宗教者(菩提寺の僧侶、神官、神父、牧師)ですが、すぐに知らせる必要のある方と通夜・葬儀の日程が決まってからお知らせする方とに分けます。ご遺族が全ての方々に連絡出来ない場合は それぞれのグループの代表者2-3名に連絡をし、その方から 他の方への連絡をお願いします。連絡は電話で構いません。日常の挨拶は省いて ”〇〇の長男〇〇で御座いますが、本日〇〇時父が亡くなりましたのでお知らせ致します” という様にお伝えします。葬儀日程が決まってからお知らせする場合は ”〇〇の弟〇〇で御座います、兄が本日〇〇時に死去致しました。通夜は〇月〇日〇時より、告別式は〇月〇日〇時より、共に 〇〇区の〇〇会館で執り行いますのでご連絡させて頂きます。葬儀は〇〇(仏式・宗派、神式、キリスト教式、無宗教式、お別れ会など)で行わせて頂きます。” 

 連絡は簡潔に行います。尚 出席の有無はお尋ねしてはなりません。

   今回は以上です。