横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

 

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

火葬を営む

2019年3月22日

 今回はご火葬に付いて書かせて頂きました。

 告別式が終了し ご出棺しますと 霊柩車を先頭にして火葬場へ向かいます。火葬場へ向かう際は 火葬許可証と心付けを忘れずに持参します。火葬場に到着しましたら 係員の指示に従いお柩と共に火葬炉前まで進みます。火葬炉前でお柩の窓から最後のお別れをし、ご火葬が始まります。火葬中は控室で待機し、拾骨開始の連絡を受けて、指定の場所で収骨を行います。

 火葬場へは ご遺族、近親者、故人様と特別な親交の有った方に同行を願います。お願いした方以外でも 当日 同行を申し出る方が居られれば、同行して頂きます。火葬場へは霊柩車を先頭にして向かいます。霊柩車には お柩と運転手 そして葬儀社の者が同乗します。霊柩車に続く車に ご位牌を持った喪主様、ご遺影を持った遺族代表が乗ります。僧侶が同行される場合は同じ車に同乗をお願いします。他の方々は自家用車、マイクロバス等に分乗して続きます。葬儀式場として 横浜市営式場 及び西寺尾会館をご利用の場合は 火葬場が隣接して居りますので、式場出口からは係員が操作する お柩をお乗せした移動車を先頭に、喪主様 遺族代表 近親者の順で火葬炉に徒歩で向かいます。その際 火葬許可証は事前に葬儀社の者に渡し手続きを済ませてもらいます。お心付けは 霊柩車の運転手へのみご用意下さい。横浜市営斎場の係員に対する心付けは規則により必要ありません。

 火葬炉の前に到着しますと お柩の小窓をとおして最後のお別れを行い、火葬炉のお収めして火葬が始まります。火葬炉の前には 祭壇用の小机が御座いますので、祭壇の上にご位牌とご遺影をお飾りして 納めの式 を行います。僧侶の読経、焼香につずき 喪主様 ご遺族 近親者 会葬者が 故人様との血縁の深い順に焼香 合掌 拝礼を行い 式を終えます。ご火葬には1時間から1時間半が必要とされ、その間 ご遺族は控室で僧侶と同行者をおもてなしします。

 ご火葬がすんだお骨を骨壺に納めることを 拾骨、若しくは 骨揚げと言います。拾骨は 火葬炉前 又は 拾骨室で行います。所定の箸を使用して 二人一組でそれぞれ箸を持ち、一つの骨片をいっしょにはさんで骨壺にお納めします。お納めしたら、次の方々に箸をお渡しします。拾骨の順番は 故人様と関係の深い順に 喪主様、ご遺族、近親者、友人・知人と続きます。拾骨が終ると 係員の手で骨壺と埋葬許可証(納骨の際に必要)を白木の箱に入れ、白布で包んで 喪主様に手渡されます。喪主様に続くご遺族がご位牌とご遺影を持って、喪主様のお車を先頭に帰宅します。

 分骨が必要な時には 事前に葬儀社にその旨を伝え、分骨用の骨壺、錦袋、ペンダントなどを用意します。尚 横浜市の場合 分骨の費用は1件に付き300円の費用が必要です。

   今回は以上です。