横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

仏壇の設営

2019年3月22日

 今回は仏壇の安置に付いて書かせて頂きました。

 現在 市販されている仏壇は 大きさとしても 箪笥の上に置ける小型の物から、幅1mを超える大型のものまで、又 材質も従来からの唐木のものから新素材を使用したものまではば広く御座います。その仏壇の安置の仕方は 諸説御座いますが、御家族が集まり、落ち着いて礼拝できる場所であれば 何れの場所、いずれの方角でも良いでしょう。但し 神棚をおかれている場合は 神棚と向い合せにならぬ様、気お付けて下さい。

 ご仏壇は 大別して、塗り仏壇(金仏壇とも言います)と唐木仏壇の2種類が主流です。塗り仏壇は 主に 杉、松、ひのきなどを素材として作り、漆塗りをした上に金箔を施して、華やかに仕上げて有ります。唐木仏壇は黒檀、紫檀、鉄刀木(たがやさん)、桑、けやき、桜、胡桃など 重くて硬い素材を使い、木目を生かして作られます(金箔は使用しません)。塗り仏壇は大型の仏壇が多く、唐木仏壇は比較的小型の仏壇で使用されます。又 最近では 新素材を使用した仏壇や、居間にも安置出来る家具調の仏壇なども作られて居ります。

 ご仏壇の安置する方向に付いては諸説御座います;

1 南面北座説; 仏壇を北を背にして南向きに安置する考え方。但し 直射日光が当たらぬ様にします。

2 本山中心説; 仏壇の背を本山のに向けて安置する考え方。仏壇に向かって正座合掌した時、自動的に宗派の本山に向かう形となります。

3 西方浄土説; 仏壇の背を西に向けて安置する考え方。礼拝する際には常に 西方極楽浄土を向いて礼拝できる事に成ります。

かつては 仏間を設けた御家庭も多く御座いましたが、昨今の住宅事情から考えますと、ご仏壇を安置する場所や方向は 余りこだわる必要は御座いません。ご家族が集まって 落ち着いて礼拝できる場所であれば良いでしょう。但し 湿気のある場所や直射日光の当たる場所は避けます。その他 気を付けて頂きたいのは 座って礼拝をする時に ご本尊がご自分の目線の高さより 上に来るよう仏壇を安置して下さい。又 立って礼拝をする形の場合は 御本尊の位置がご自分の胸よりも高い位置にご仏壇を安置して下さい。

   今回は以上です。