横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

神道の御霊舎

2019年3月22日

 今回は御霊舎(みたまや)に付いて書かせて頂きました。

 神道では 神様を神棚にお祀りしますが、ご先祖は御霊舎(みたまや)(祖霊舎 それいしゃとも呼びます)にお祀りします。 祖霊舎は 神棚より一段低い位置に安置し、中にご先祖の霊が宿る神鏡と故人様の霊璽を安置して 神棚と同じように 洗米 お塩 お水をお供えし 榊を飾り、毎朝 拝礼します。故人様の霊は祖霊に加わり 家の守護神となって 子孫を護ると言われます。

 御家族内にご不幸があって 御霊舎を新たにご用意される場合は 五十日祭までに用意します。ご用意される場合は 事前に設置する場所を決め、縦 横 高さを採寸して神具店にお出かけ下さい。御霊舎は神棚の近くで構いませんが、神棚より一段下げた所にお決め下さい。祖霊舎には 仏式の位牌に代わる 霊璽をお祀りします。五十日祭の忌明けに営む祭儀の際に 合祀祭と呼ばれる 霊璽を御霊舎に移す儀式が行われます。その他に 神具として 水器 土器 お神酒徳利一対 灯明具一式 榊立て一対なども用意します。

 御霊舎の日々のお祀りは 神棚と同じく お米、お塩、お水、お神酒をお供えし 榊はいつもきれいなものを飾ります。特にお水と榊の水は毎朝拝礼の前に新しいものに変えます。又 美味しい物を頂いた際には お供え下さい。尚 お供えされた物は 後にご家族皆様でお召し上がり下さい。仏教では 仏様にお供えした物は食さない という風習を持つ地域も御座いますが、神道ではお供えしたものを頂くことに意義があるとされます。又 何かあった時などは 御霊様、ご先祖様にご報告下さい。拝礼は毎朝 顔 手を清め、口をすすいだ後、神饌を供え、軽くお辞儀をしてから 二礼をし、祓詞を奏上して、願い事を祈念し、二礼二拍手一礼をします。尚 祓詞(祝詞)や拝礼の仕方の詳細は最寄りの神社の神職に聞かれる事をお薦めします。

   今回は以上です。