横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

 

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

墓参り

2015年10月21日

 今回は墓参りに付いて書かせて頂きました。

 お墓参りの時期は 仏式であれば 春秋のお彼岸、お盆、故人様の祥月命日、年忌法要、年末などに行います。神式の場合は 春秋のお彼岸 お盆 式年祭 故人様の祥月命日、キリスト教の場合 カトリックでは故人様の命日と 11月2日の万霊節に、プロテスタントでは召天記念日(故人様の命日)にお墓参りを行います。いずれの場合も 墓地 墓石を清掃 整理 お清めして、お供え物をし、故人様の冥福を祈念します。

 仏式でのお墓参りを行う場合 寺院墓地であれば住職にご挨拶をし 本堂に参堂をしてから、その他の墓地の場合は管理事務所に挨拶をした後に墓地へ向かいます。お墓参りでは 墓地や墓石の清掃を行いますので、必要な物品を事前に用意します。水を入れる手桶 柄杓(ひしゃく) ほうき などは寺院や霊苑の管理事務所で借用出来ますが、それ以外の掃除用具 たわし はさみ 植木ばさみ タオル、そして 線香に火を点ける為のロウソクや着火道具なども持参する必要が有ります。又 お供えする花や品物も忘れずに。

 清掃の手順は 墓石に水をかけ、たわしを使って墓石の汚れやコケを落します。汚れが落ちたら再度水洗いをした後 水気が残らぬ様 タオルでよく拭き清めます。水鉢もすすいで 新しい水で満たします。墓石の清浄が終りましたら、墓地内の伸びすぎた樹を刈込み、落ち葉 雑草 ごみを取り除き、掃き清めます。古い卒塔婆は管理事務所にお願いして処理してもらいます。

 お墓がきれいに成りましたら、花や故人様が好まれた供物をお供えし、故人様と縁の深かった順に線香をたて 新しく汲んだ手桶の水をひしゃくで墓石にかけ、しゃがんで墓石を見上げ位置から合掌し冥福をお祈りします。全員のお祈りが終りましたら、線香の火を燃やし切る等、火の元の始末をし、御供物をまとめて持ち返る様にします。本来 お供物は鳥や動物に与える 仏からの下され物でしたが、現在では 食べ散らかしなどの被害を防ぐ為、持ち返りが必要と成りました。

 神式では 墓地や奥津城を清掃する事は仏式と同様ですが、お供え物は 異なり 水 洗米 塩 お神酒の他に故人様の好物をお供えします。線香は供えず、お花に代わり榊を花立てに飾ります。奥津城の前では まず深く礼をし 一度柏手を打ちます。その後に 二礼二拍手一礼の拝礼を行います。この場合は忍び手では無く、音をたてて柏手を打ちます。

 キリスト教カトリックでは 毎年11月2日に万霊節のミサが教会で行われますが、ミサの前に墓参りを行います。プロテスタントでは召天記念日に 牧師を招いて墓前で追悼式を行う事も有ります。お墓参りの仕方には 特に決まりは有りません。墓地を綺麗にし、お花を供えて、礼拝するのが一般的です。

   今回は以上です。