横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

遺産分割

2015年12月12日

 今回は遺産分割に付いて書かせて頂きました。

 相続人が2人以上居られる場合は 遺産を分割しなければ成りません。遺産分割の方法には 3通りの分割方法があります。指定分割、協議分割、調停分割・審判分割の3っです。

 指定分割とは 被相続人が遺言により遺産の分割方法を指定している場合に、その指定に従い分割する方法です。相続では ”遺言による相続は法定相続に優先する”という大原則に従い、指定分割が最優先され、遺言による分割指定が 法定相続による相続分と異なっていても、原則としてこれに従います。ただし 遺留分の請求があった場合はこの限りではありません。そして 相続人全員の合意があれば 遺言の指定に従わなくても構いません。例えば 遺言では 全財産を配偶者に譲る と指定されていても、配偶者自身がお子様にも分割したいと考え、お子様もそれを受入れた場合は 親子で分割することが出来ます。

 被相続人から遺言による指定が無い場合には、相続人全員で話し合い(協議)を行い分割方法を決定します。これを 協議分割といい、行う話し合いを遺産分割協議と言います。協議は 特別受益者、寄与分に付いて考慮に入れながら、法定相続分を前提として 遺産の性格、相続人それぞれの状況などを考慮に入れながら協議を行います。全員の合意が得られましたら その内容を”遺産分割協議書”としてまとめ、相続人全員が 署名・押印(実印)をして完成させます。遺産分割協議書は 作成しなくても協議分割は成立しますが、不動産を相続した場合の登記や預貯金口座の名義変更の際に協議書が必要となります。又 後日のトラブルを防ぐ上でも遺産分割協議書を作成される様、お薦めします。

 協議分割は相続人の一人でも同意しない場合は成立しません。その場合は家庭裁判所に 遺産分割の調停を申請することができます。この調停は 非公開の場で家事裁判官と調停委員の立会いとアドバイのもとに 譲歩と合意をめざします。結論を当事者が決定する事により 調停が成立します(調停分割)。

調停が成立しない場合は 家庭裁判所の審判にゆだねられます。裁判所は事実関係を調査し、証拠調べを行い、家事審判官により分割が命じられます(審判分割)。

尚 横浜家庭裁判所は 中区日本大通り9番地に所在し、川崎、相模原、横須賀、小田原に支部を持って居ります。

   今回は以上です。