横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

鎌倉時代の葬儀

2014年2月14日

 今回は鎌倉時代の葬儀に付いて書かせて頂きました。

 鎌倉時代には 貴族階級が没落し、代わって武士が政治を司る事になります。又 宗教としては 浄土宗、浄土真宗、禅宗、日蓮宗が登場して来ます。この時代に 栄西が中国から伝えた臨済宗は幕府や主要武士階級の帰依を受け、道元が開いた曹洞宗は地方武士の間で禅宗の宗派として広まりました。日本に於ける葬儀の作法としては この時代に伝えられた禅宗の僧侶の葬法が基本となり、その後 手が加えられて、武士や庶民の葬法として定着しました。

 鎌倉時代の貴族や武士の葬儀の次第を記した資料として ”吉事次第”が有ります。当時は 蔡事という言葉は 忌み嫌われ、吉事 あるいは勝事と言われました。この吉事次第によれば;

人が亡くなると 御座直しが行われます。ご遺体を北枕にして筵(むしろ)の上に寝かし直し、衣でご遺体を覆い、屏風を逆さにしてご遺体の周りに立てめぐらし、枕元に灯明を一本灯して葬儀が終るまで消えない様に守ります。香をたき、夏は死臭を消す為に酢を容器に入れておきます。人々は屏風の外で待機し、僧侶は真言を唱えます。

入棺は まず棺の中に香と土器の粉を敷き詰めます、これは 死臭を防ぎ ご遺体が動くことを防ぎ ご遺体から漏れる体液を吸収するためです。納棺は筵ごとご遺体を棺の中に移し、ご遺体には梵字を描いた布で覆い、頭・胸・足の三ヶ所に土砂加持の砂をかけます。そして 蓋をして、布で縛って、北枕で安置しておきます。

葬儀の日は 早朝に山作所(さんさくしょ)と呼ばれる墓を作ります。同日 素服と呼ばれる白無地の粗い布を素地とする喪服を裁縫し、この素服を着用して 同日夜に御仏供養を行い、出棺となりました。出棺の後は 寝所を竹の箒で掃き、集めた塵と箒を川に流すか、山野に捨てて、灯明を消します。

  今回は以上です。