横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

埋葬

2014年2月1日

 今回は埋葬に付いて書かせて頂きました。

 埋葬とは 故人様のご遺体を土の中に埋める事(土葬)を指しますが、広義には ご火葬後のご遺骨を墓地や納骨堂等にお納めする事を指す事も御座います。現在の日本に於いては多くの場合 火葬が前提となって居り ご遺体を埋葬する事はほとんど無くなりました。特に横浜等の大都市では 衛生上の観点からも土葬が禁止されて居ります。ご遺骨を埋葬する時期と致しましては 仏教であれば四十九日法要後の忌明けに、神道であれば忌明けの五十日祭に合わせて、キリスト教では1ヶ月後追悼ミサに合わせて埋葬(納骨)するのが一般的です。

 日本に於ける埋葬の歴史と致しましては 旧石器時代の北海道美利河1遺跡の土抗にお墓の可能性がある遺構が発見されて居り、それに続く縄文時代の貝塚などから多くの埋葬行為が確認されて居ります。この時代の埋葬は ご遺体の手足を折り曲げて埋葬された 屈葬が主流でした。弥生時代に入ると 埋葬に当たり ご遺体を収める甕棺や石棺が現れる様になります。又 この時代には 再葬墓と呼ばれる 故人様のご遺体を一度 埋葬し、白骨化するのを待って骨壺に納め直し、埋葬する形態も現れました。何れにしろ 仏教が伝来する前の 古代から中世にかけては 神道を基にした 死は穢れ との思想が強く、貴人の墓地であっても、その管理は疎かでありました。

 ご遺骨は 御骨壺に納められている場合 ご遺骨はほとんど風化しませんが、そのまま 土壌に埋葬されたご遺骨は年と共に風化し、土に還ると言われます。土壌の種類によって差異がありますが、大体 30年でご遺骨は土に還るとされて居ります。

 尚 日本では 墓地埋葬法により 墓地以外の場所、例えば自宅の庭などに埋葬する事は出来ません。違反をすると 死体遺棄罪として罰せられる事が有ります。

   今回は以上です。