横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

ご遺体を安置する

2019年3月21日

今回はご遺体の安置に付いて書かせて頂きました。

 ご家族が万一 亡くなられた際は 信仰される宗教が仏教でしたら 枕を北側に置いてご遺体を安置します。更に 死穢が神棚に及ばぬ様 白い半紙で覆います。守り刀を置く習慣をお持ちの場合は 守り刀をご遺体の枕元、あるいは ご遺体の上に置きます。屏風をお持ちのお宅では その屏風を上下逆さにして ご遺体の周りを覆います。最後に ご遺体の枕元に 枕飾りを荘厳(お飾り)して 通夜の日を待つ事とします。

 神棚に白紙を貼る習慣は 神道が穢れを避ける事から、死穢が神棚に及ばぬ様に と言う事で行われます。この作業は 忌みがかかっていない他人にお願いするものとされます。この白紙は忌明けと共に取り除きます。

 守り刀を置く習俗は 死者が武士の場合に刀を枕元に置いた名残りであるとか、魔除けの為とか、死霊に対する鎮魂の為とか、死者の魂が持ち去られる事を防ぐ為とか、死霊を封じ込める為とか、さまざまな言い伝えがあります。従いまして 刃先をどちらに向けて置くか その地域によって異なります。横浜市内では特定のお宅を除いて 置かれることは無くなりました。又 浄土真宗では守り刀は使用しません。

 逆さ屏風は古くから有る習俗で 死の世界は日常の世界とは逆であるとの考えから、上下を逆さにするとされます。屏風でご遺体を囲むのは ご遺体を悪霊から守る為とも、死霊が周囲の人々に及ばぬ様にとも、その土地により相反する言い伝えがあります。

 枕飾りはご遺体の枕元に置く供物台の事で、その上にお供えする品物は 地域や宗派によって異なります。一般的には 白木の小机を使用し、三具足(香炉、花瓶、燭台)と鈴(りん)を備えます。備え方は 香炉を中心に、左側に花瓶、右側奥に燭台、右側前に鈴を配します。燭台には白の一本ローソクを立て、燭台には樒(しきみ) あるいは菊の花を一本活けます。このお花を枕花とも言われます。三具足以外には 供え物として 浄水、枕団子、枕飯、そして故人様がお好きだった食べ物などをお供えします。尚 浄土真宗では枕団子や枕飯はお供え致しません。又 燭台のローソクや香炉の線香の火は消さない様にするのが本来の習俗ですが、現在では 防火上 ローソクの火は必要な時のみ点灯する事をお薦め致します。

神道の枕飾りは 白木の八脚の台(案と呼ばれます)を置き、その上に燭台、洗米 塩 水 お神酒を乗せた三宝、榊を生けた花瓶を供えます。

キリスト教に於きましては特に枕飾りに関する習慣は有りません。 

   今回は以上です。