横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀の祭壇

2013年11月18日

 今回は葬儀の祭壇に付いて書かせて頂きました。

 故人様をお見送りするに際していくつかの祭壇が御座います。それぞれ目的に合わせてご用意頂きます。故人様がご逝去され ご葬儀を待つまでの間 安置されたご遺体の枕元に備えられる”枕飾り”、葬儀式でご使用される祭壇、そして ご火葬の後 四十九日法要までの忌中にお使い頂く ”後飾り”です。其々の祭壇に彩を添えるお花が 枕飾りでは 一本花と枕花、葬儀式祭壇では白木祭壇に供花 もしくは花祭壇、そして 後飾りには供花と呼ばれます。

 枕飾りは 故人様が亡くなられ そのご遺体をご自宅に安置した際 枕元に備える供物台です。その上には 三具足の他 故人様にお供えする供え物が置かれます。そして 三具足の一つ 花立て(花瓶)には 樒(しきみ)が一本 活けられ これを一本花と呼びます。仏教のお花と言えば蓮華ですが 弘法大師が修行の際に青蓮華の代用として樒を使用した事から、仏事に於ける神聖な植物として樒が使用されて居ります。神事に於ける榊(さかき)と同じ位置付けです。樒は 日本国内では西日本に自生して居り、香りが強く 毒性の強い植物です。尚 現代の東京・横浜では樒の入手は困難な状態となって居り、一本花としては樒に代えて 菊を一本 活けるのが一般的となって居ります。

 枕花は 故人様と特に親しかった方が 哀悼の意味を込めて贈る花で、枕飾りと共に枕元にお飾りします。一般的には白を基調とした生花をアレンジしたものですが、最近では故人様が好まれたお花を贈る事も多くなりました。

 通夜式は 本来は枕飾りを前提として行われるものでした。これは ご遺族にとって故人様の死を完全に受容したとは言い切れない 生と死の境界にある時間だからです。正式な祭壇を設ける事は死を認める事につながるからで、通夜では喪服を着用しない、香典を持参しない、持参するなら”お見舞い”とする等も同じ理由によります。しかしながら 作今では 通夜が告別式と同様に会葬者の弔問を受ける場に変化した事から、通夜でも 葬儀・告別式と同じ祭壇を設ける事が一般的となりました。

通夜・葬儀・告別式の祭壇は 白木の祭壇とその周囲をご供花で飾る形が一般的でしたが、現代では白木祭壇に代って花祭壇をご利用頂くケースが多くなって参りました。次回はこの花祭壇に付いて書かせて頂きます。

   今回は以上です。