横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

お別れを終えてご出棺

2019年3月21日

 今回は出棺に付いて書かせて頂きました。

 出棺とは 葬儀・告別式を終えた後に、火葬場に向けてお柩を式場からお運び出すことを指します。式場がご自宅の場合は ご自宅からの出棺となり、お柩は霊柩車にお乗せして火葬場にお運びする事と成ります。私設の式場の場合もご自宅からの出棺と同様となります。火葬場が併設された 横浜市営斎場、若しくは 西寺尾斎場の場合は 斎場からのご出棺の後は霊柩車は使用せず、徒歩での移動となります。ご出棺の際には 故人様と関係の深かった若い男の方々の手をお借りして、お柩をお運びします。

 ご自宅からの出棺の場合、古くから習俗として、玄関からでは無く 窓や縁側から運び出したり 仮の門を設けてそこからお柩を運び出す事もあります。これは 死霊に対する恐怖心から、死霊がふたたび家に戻る事が無い様にとの気持ちの現れであるとも、死は非日常の事柄であるので 日常とは逆のことをしなければ成らず 通常の出入り口げある玄関や門を用いてはならないと言われて居ります。又 出棺に当って 故人様が生前使用していた茶碗を割ると言う習俗も御座います。これも 死霊に対する恐怖心から 死霊が戻らぬ様にする為とも、来世でこの茶碗が使用出来るようにする為とも、言われます。何れにしろ 故人様の蘇生断念する為の儀式であったと考えられます。更に 式場を出る際も、霊柩車にお乗せする際も、足側が先にくる様にするのがセオリーです。これは 故人様が家に帰って来ぬ様にとの願いが込められていると言われます。

 ご出棺の際は お柩を霊柩車にお乗せした後 ご遺族は 会葬者の方々に向かって横一列に並び、喪主様 もしくはご遺族代表がご挨拶します。挨拶のときは ご遺族は お位牌と御遺影を会葬の方々に向けて持ようにし、終わりましたら一礼して出棺となります。火葬場に向かう車には 喪主様がお位牌を持ち、ご遺族様が御遺影を持って乗車します。火葬場には ご遺族・ご親族・そして故人様と特に親しかった方が同行します。

   今回は以上です。