横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

 

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

お骨壺

2019年3月21日

 今回はお骨壺に付いて書かせて頂きました。

 お骨壺とは 故人様のご火葬後の焼骨を収める為の容器を指します。一般的には 白の陶磁器、絵付けされた陶磁器、キリスト教では十字架が刻まれた陶磁器等が使用されます。又 ご葬家のご希望に合わせて 金属製、大理石を使用した容器もご利用頂けます。お骨壺の大きさは 全部拾骨、部分拾骨、分骨などに合わせて その大きさが異なります。収骨の後は お骨壺は桐箱に収められ 白布に包まれてご遺族に引き渡されます。尚 桐箱にはお骨壺と共に埋葬許可証も収められるのが一般的です。

 お骨壺は 古代に於いては 蔵骨器と呼ばれ、土師器(はじき)や須恵器(すえき)の甕を転用したものの他、石をくり抜いた物や金属製の容器なども利用されて居りました。これらの容器の蓋や本体には銘文などが刻印されているケースも多く、貴重な古代の歴史史料となっても居ります。更に 中世に於いては 常滑焼、瀬戸焼、信楽焼など大衆的な陶器も使われるようになりました。

 東日本に於いてはご火葬された焼骨の全てを収骨する 全部拾骨が一般的でお骨壺も大き目な容器を使用しますが、西日本では 特定部分のみを収骨する部分拾骨が主流ですので 使用される容器は小さ目な物となります。部分拾骨を行う為には 残存焼骨を後日請求しない という誓約書を入れて許可されます。尚 残存の焼骨は共同墓地に埋葬される事となります。又 沖縄では 厨子甕と呼ばれる石製、あるいは陶器製のお骨壺が使用される場合も有ります。厨子甕は それ自体が礼拝の対象となる様な外見を有したお骨壺です。

   今回は以上です。