横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

十王信仰

2014年4月21日

 今回は十王信仰に付いて書かせて頂きました。

 十王信仰とは 人間などの衆生は 特別な善人かよほどの悪人で無い限りは、没後に中陰と呼ばれる存在となり、初七日から七七日までのまでの7回と 百ヶ日、一周忌、三回忌の3回、合わせて十回、それぞれ決められた王の裁きを受けて、六道の何れかに輪廻するが、遺族の追善供養により地獄に堕ちる事を免れる とされる信仰です。日本では 恵心僧都源信により記された”往生要集”により紹介され、11世紀以降に全国に広まりました。一般には 閻魔に対する信仰と理解されて居りますが、正確には 閻魔の他 九王を加えた信仰です。

 十王信仰は 10世紀 中国に於いて、インドから伝来した仏教に道教の思想が加味されて作り上げられたと言われます。

 初七日には 秦広王(しんこうおう、本地;不動明王)(本地とはおおもとの仏を意味します)の審判を受け、判定の定まらない者は三途の川を渡ります。二七日には初江王(しょこうおう、本地;釈迦如来)の審判を受け、三七日には 宋帝王(そうていおう、本地;文珠菩薩)、四七日には 五官王(ごかんおう、本地;普賢菩薩)、五七日には 閻魔王(えんまおう、本地;地蔵菩薩)、六七日には 変成王(へんじょうおう、本地;弥勒菩薩)、七七日(四十九日)には 泰山王(たいざんおう、本地;薬師如来)の審判を受けます。この王の下で 地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上の 六道のいずれかが決定されますので、四十九日の追善供養は特に懇ろに行う必要がある と説かれます。ここでも判定が定まらない場合は 百ヶ日に平等王(びょうどうおう、本地;観世音菩薩)、ここでも定まらない場合は 一周忌に 都市王(としおう、本地;勢至菩薩)、そして 三回忌に 五道転輪王(ごどうてんりんおう、本地;阿弥陀如来)の判定を受けますが、これまでに十分な追善供養がされていれば ここで成仏できるとされます。

   今回は以上です。