横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

死亡広告

2014年4月27日

 今回は死亡広告に付いて書かせて頂きました。

 死亡広告とは ご遺族様のご希望に従い 故人様のご逝去を広く告知する為に、新聞等のメディアに依頼する有償の広告です。通常は黒枠で囲みますので 黒枠広告、あるいは お悔み欄 などとも呼ばれて居ります。その内容は 故人様の氏名、肩書、ご逝去の日時、葬儀・告別式の日時・場所を告知するのが 主たる目的です。記載する内容の標準的 形式は有りますが、決まったものでは有りません。又 最近の 無宗教葬などでは 黒枠は用いず、表現の仕方も自由な文章で広告するケースが増えて居ります。尚 日本に於いて最初に死亡広告が掲載されたのは 1873年(明治6年)1月14日発行の 日新真事誌における 外務少輔 上野景範 ご尊父の死亡広告とされて居ります。

 死亡広告は 全国紙、地方紙、ブロック紙等のなかから 故人様のお立場に合わせてお選び頂き広告します。広告の原稿は下記の様な点に注意して作成します。

1 葬儀式と告別式を分離して行う場合は 其々の時間を明記します。これは 葬儀式の時間だけの表示では 一般会葬者の方々が葬儀式の間 待機しなければならない事を避ける為です。

2 供花、供物、香典の扱いに付いて明記します。特に記載しない場合は 受け取る 事を意味します。

3 一般的に死亡広告の文章には句読点を用いません。

4 故人様の氏名の後に 〇〇〇〇儀として 儀の文字を付けますが、これは 手紙に於ける 私儀と同様の意味を持ちます。故人様の事柄は身内の事ゆえ 氏名の後ろに 殿や様をつけるわけには行きませんが、故人様を尊ぶ心理から儀の文字を付けたと考えられます。

   今回は以上です。