横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

献花による告別

2016年8月26日

 今回は献花による告別に付いて書かせて頂きました。

 献花による告別は 日本に於けるキリスト教葬、無宗教葬、ホテルで行う仏教葬(ホテル内では焼香が行えない為)などで行われております。使用される生花は ①一輪咲きの花、②茎がしっかりしている、③持ち易い長さがある、④白色の品種、などの条件を満たす生花としてカーネーションや菊の花等が使用されます。又 バラはトゲがあるので使用してはいけない と言う説も有りますが、ご遺族のご希望があれば トゲを全て取り除いた上で使用する事も可能です。

 本来 キリスト教葬では 献花の習慣は有りません(埋葬時の献花はあります)。これは キリスト教に於いて ”捧げもの”は 主(神)にするものであって、人にするものではない という基本の考え方がある為です。しかしながら 日本に於いては 仏教葬の焼香、或いは 神道葬の玉串拝礼に代る何かが欲しいとの 信徒の希望から、生花の献花が生み出されました。従いまして キリスト教葬の献花は日本独特の習慣です。献花に使用される生花は 白のカーネーションが一般的ですが、これは 菊は仏教葬のイメージが強い事、バラにはトゲある事などからカーネーションが選ばれた様です。献花の作法は 特に決められた形は有りません。多くの場合 参列者は係の方から一輪の生花を頂き、一人ずつ式場の前に進み、ご遺影の前に造られた献花台の上に置いて 黙祷を捧げた上で下がります。生花をどちらの方向に向けて置くかは 前の方に従って置かれるのが良いと考えます。 

 無宗教葬の場合も 故人様との告別には献花により行われるのが一般的です。しかしながら ご遺族のご希望によっては 焼香により行うケースも御座います。又 ご遺族のご希望によっては 生花を献花台に置くのではなく、ご遺影の前にオアシスを作って そこに生花を挿すなどの形も御座います。

   今回は以上です。