横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

香典の歴史

2016年8月27日

 今回は御香典の歴史に付いて書かせて頂きました。

 香典は 仏式の葬儀等に於いて 故人様の霊前に供える金品をいいます。古くには 香奠と書かれました、香は 香・線香に代わるものという意味であり、奠は霊前に供える金品を意味します。香奠は元来 米などの食料が一般的でしたが、室町時代後期に武士階級が金銭による香奠を出したことが記録されております。とはいえ その後も長い間 香奠は食料や酒などをもちよる習慣が続いて居りました。明治時代に入り、都市部を中心に金銭香奠の習慣が広まり、第二次世界大戦後は農村部を含めて 金銭香奠が普及する事と成りました。

 江戸時代 日本国民は全て仏教徒であり、葬儀は その地域共同体の重要な行事でした。そして ご葬家は 葬儀の期間中 故人様の成仏を願い、故人様の滅罪するためのお布施として 人々に食事を振舞いました。当時の記録として 地域の共同体に属する人々は 葬儀のお手伝いをすると共に、子供を含めて 葬儀の期間は ご葬家の振る舞いに与り、自宅で食事をとる事はなかった、という記録も存在します。この 振る舞いの為の飲食料を用意する必要から、親族は多量の飲食料を提供しなければ成りませんでした。これが 親族香奠です。親族香奠は 血縁の深い方がより多くの食料を提供し、血縁な薄くなるに合わせて少なくなるルールでした。又 近隣の人々は自分達の食する分を持ちよりました。これが 村香奠です。現在の金銭香奠でも 親族香奠や村香奠の考え方が踏襲されております。

 葬儀を出すには 近隣の方々に振る舞いをしなければ成らず、多額の出費をご葬家や親族は負担しなければ成りませんでした。従いまして 貧しい家では 葬儀をだせない という事態も起こり得ますが、香奠はこの様な事態を回避せる為の 相互扶助として大切な意味を持つものでも有ります。

   今回は以上です。