横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

最期の準備(献体、臓器提供)

2017年2月11日

 今回は献体と臓器提供に付いて書かせて頂きました。

 ご逝去の後に お体を社会に役立てる方法として 献体 と臓器提供が有ります。献体とは 医学および歯学の発展の為に 死後ご自分の肉体(ご遺体)を解剖学の実習用教材として、無償で提供する事です。臓器提供とは 臓器不全により苦しむ患者さんを救済する為、死後にご自分の臓器を提供する事です。いずれの場合も 生前の意思表示とご遺族の同意の基に行う事が出来ます。

 医学や歯学の教育では最初に解剖学実習を履修しなければ成りません。解剖実習は 医学・歯学発展の基礎となる科目ですが、この解剖に供するご遺体を献体と言い、無条件、無報酬で提供します。死後 ご遺体を医学・歯学の教育・研究の為に役立てたいとお考えになりましたら、生前に献体登録しておく事をお薦め致します。献体の登録先は 公益財団法人 日本篤志献体協会、医科大学(大学医学部)、歯科大学(大学歯科部)などです。

献体には2親等以内のご家族全員の同意が必要です。ご家族の中で御一人でも反対する方が居られると、献体は出来ません。

献体は通夜・告別式を執り行った後に行えます。実習を終え、ご遺骨となってお帰り頂くのは1~3年の後となります。

 臓器提供は 臓器の移植に関する法律(臓器移植法)に定められた規則に従って実施されます。臓器の提供には 脳死後 と心臓が停止した死後の場合があります。脳死後に提供出来る臓器は 心臓、肝臓、肺、小腸、腎臓、膵臓、眼球等です。心臓が停止した死後に提供出来る臓器は 腎臓、膵臓、眼球(角膜)です。臓器提供は 2010年の法改正により 本人の意思が不明であっても、ご家族の承諾があれば提供出来る様になりました。

尚 臓器移植を希望される場合は 臓器移植意思表示カード、健康保険の被保険者証、運転免許証などの意思表示欄に表示頂いたり、社団法人日本臓器移植ネットワークのウェブサイトに意思登録することが出来ます。

   今回は以上です。