横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

社葬での事務処理

2019年3月21日

 今回は社葬に於ける事務処理の各種に付いて書かせて頂きました。

 社葬に於ける事務処理では 通常の社会に於ける事柄とは異なる処理が幾つか有ります。1 お布施の扱い(領収書)、2 香典の取扱い、3 ご供花の取扱い等です。

 仏教葬に於ける僧侶への寄付を お布施と言います。お布施は 読経や葬儀執行に対する対価では有りませんので 領収証が出されないのが一般的です。社葬に於いて 宗教者への支出を企業が負担する場合は 率直に領収証の発行をお願いして下さい。最近では 領収証を発行して呉れる寺院も多くなりました。領収証の発行が困難な場合は お布施を納めた封書の表書きに 宛先(寺院名)、金額、支払い元(会社名)を記載し、これをコピーして、支出の根拠とする事が出来ます。

 社葬でお香典を企業が受取る場合は 企業の雑収入として計上しなければ成りません。この様な処理を避ける為には お香典の受取りを企業ではなく、ご葬家とする方法が御座います。他に 一般的な方法としては 密葬に於けるお香典はご葬家が納め、本葬である社葬では お香典を辞退する という形態が御座います。

 社葬に於けるご供花としては 造花で造られた花環のタイプと 生花のタイプがあります。近年では 式場側の都合により花環を供える場所が無い事も多くなりました。従いまして 生花タイプをお供えするのが一般的ですが、主催側で用意する生花祭壇とのデザイン上のバランスから ご供花を辞退するケースも多く見られます。又 ご供花をお供えする場合でも 個々のご供花に名札をつけるのでは無く、芳名板を設けて 一括表示する形態が多く見られます。尚 ご供花は現金ではありませんので、経理上の処理は必要有りません。

   今回は以上です。