横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

 

日本の仏教Ⅸ

2019年3月21日

ひかりの杜の葬儀プランはこちらをご覧ください。

 スタッフ一同心よりお待ちしております。(お問い合わせ:24時間365日対応)

 今回は鎌倉時代に中国より伝えられた禅宗に付いて書かせて頂きました。

 禅宗とは 坐禅を基本的な修行形態とする仏教の宗派で、南インド出身で中国へ渡った 達磨大師を祖として居ります。本来 坐禅は仏教の基本的な徳目の一つとされて居りましたが、中国の唐代末期(9世紀)頃より、坐禅を中心に行う仏教集団を 禅宗と呼ぶ様になります。そして 時代が過ぎ 宋の時代(日本は鎌倉時代)に 栄西禅師により臨済禅が、道元禅師により曹洞禅がそれぞれ伝えられました。

 臨済宗は中国で成立した禅の一派で、禅匠臨済義玄を宗祖とする宗派です。鎌倉時代 栄西は宋に渡り、臨済禅を究めて、日本に伝えました。臨済禅は武士階級に好まれ、広く広がると共に、絵画(水墨画)、演劇(能)、茶道など、日本の中世の文化に大きな影響を与えました。禅とは精神統一を意味する dhyana の音写 禅那(ぜんな)に由来します。その真髄は 坐禅を組んで精神統一をし、自己の本性を見撤し、悟りを開く事を目的とします。その悟りの境地は 言葉によって説明することはできず、師と弟子の間で心から心へと伝えられる(不立文字、教外別伝)とされます。又 古来より 禅僧には その悟りの心境から発する奇抜な言動が禅問答として遺されて居りますが、それらは 後に禅を学ぶ人々の修行を深めるよすがとして生かさせる様になります。これを 公案(こうあん)と言います。臨済宗は栄西禅師以降 多くの弟子達により、おおくの派が生まれて居りますが、現在の最も大きな宗団は 京都の妙心寺を本山とする 臨済宗妙心寺派です。神奈川県内では 鎌倉の建長寺を本山とする 建長寺派、円覚寺を本山とする 円覚寺派を御座います。

 曹洞宗は 同じく中国の曹洞宗の禅が 入宋した道元禅師により日本に伝えられて居ります。道元は 帰朝後 曹洞宗の布教に務めますが、鎌倉幕府に受入られず、仏教諸派からの圧迫を受けて、越前に移り 永平寺を開いて、弟子の育成に尽力しました。曹洞宗では 公案は用いず、只管打坐、ただ座るということを重んじて居ります。坐禅は仏のはたらき、仏の活現に他ならないということで、本証の妙修 と呼ばれています。道元の家風は 極めて厳格で、格調の高いものであり、一般に広まる性格のものではありませんでしたが、門下の第四祖 瑩山紹瑾により 禅の大衆化が図られて、現在 ある 大教団の基礎が築かれました。紹瑾は 石川県の能登に総持寺を開創しましたが、明治に入って火災に合い、横浜の鶴見に移りました。現在は 福井の永平寺と 横浜鶴見の総持寺の二大本山制により運営されて居ります。

   今回は以上です。