横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

 

日本古来の神道の葬儀Ⅱ

2019年3月21日

ひかりの杜の葬儀プランはこちらをご覧ください。

 スタッフ一同心よりお待ちしております。(お問い合わせ:24時間365日対応)

 今回は神道の葬儀 神葬祭の続きに付いて書かせて頂きました。

 日本固有の古来から伝わる神道のご葬儀は神葬祭と呼ばれます。神道に於ける死生観は ”人は皆 神の子であり、神のはからいによって母の胎内に宿り、この世に生まれ、この世での役割を終えると神々の住まう世界へ還り、子孫達を見守る” ものと考えます。従いまして 神葬祭は 故人様に家の守護神となって頂く為の儀式であります。又 神道に於いては 死は穢れ(けがれ)であるため、神の鎮まる聖域 神社で神葬祭を行う事は出来ません。但し 会堂を持つ神社では 神社と会堂の間に結界を設けて、会堂で神葬祭を行う事は可能です。尚 神葬祭を行うに当たりましたは 個人の自宅や別の斎場をご利用頂くのが一般的です。神葬祭は お線香を使用致しませんので、ホテルなどを利用する事も可能です。

 神葬祭の最初の儀式と致しましては ”枕直しの儀” を行います。ご家族様が亡くなられましたら 神棚封じを行い、ご遺体に白の小袖を着せて北枕で殯室(ひんしつ、ご遺体を安置する部屋)に安置します。ご遺体の枕元に守り刀を置き、ご遺体の前に案(あん、白木八足の小机)を祭壇として設けて、米・塩・水・酒(生饌、せいせん と呼ぶ)、故人様が生前に好まれた食べ物(常饌 じょうせん と呼ぶ)等をお供えします。以後 ご家族、ご親族の方々は 謹んでご遺体の側近くで奉仕します。

 枕直しの儀の後は 納棺の儀となり ご遺体をお棺にお納めする儀式となります。ご遺体には 男性であれば 神衣と呼ばれる 白の狩衣、女性であれば 白の小袿(こうちき)、をお着せして棺にお納めします。お着せするのが難しい場合は ご遺体の上を覆う形となります。その後 柩に蓋をして 白の布で覆い、全員で拝礼し 正寝(表座敷)へお移しして 祭壇を設け、饌をお供えして、拝礼します。

   今回は以上です。