横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

葬儀 真言宗

 今回は葬儀 真言宗に付いて書かせて頂きました。

 真言宗は 唐(中国)の長安 青龍寺に学んだ 弘法大師空海によって開創された 平安二教の一つです。真言宗のご葬儀は 故人様を宇宙生命の本源である大日如来の大生命に包まれた 弥勒菩薩の浄土である ”都率天(都率浄土)”へ還帰させることことを目的とした儀式です。ご本尊は 大日如来、御焼香の回数は3回、唱える念仏は 南無大師偏照金剛(御法号と呼びます)です。真言宗の葬儀に於ける 特徴としては 故人様の頭頂に水を灌いで諸仏や曼荼羅と縁を結ぶ為の、灌頂(かんじょう)の儀式があります。

 弘法大師空海の作と伝えられる御詠歌(ごえいか)”阿字の子が・阿字の古里・立ち出でて・また立ち帰る・阿字の古里”は 真言宗の葬儀観を端的に物語っていると言われます。梵字(ぼんじ)で書かれた”阿”は 大日如来とその生命を表わして居り、葬儀の精神は 阿字の古里より 生まれた故人様を、阿字の古里へ再びお返しする事にあります。このため 葬儀式は 即身成仏への引導作法として示されます。

 真言宗では 三密加持による即身成仏(自力本願)を説いて居ります。密教の修行の実践により、誰でも仏に成る事が出来るという教えです。三密とは 手に印を結び(身密)、口に真言を唱え(口意)、心に仏を想う(意密)、の 身・口・意を言います。

 剃髪・授戒・戒名の授与までが 葬儀の前段階で、大日如来のもとえ導く準備段階のさほうです。それ以降が後段階となり 大日如来との一体感、すなわち 永遠の生命との一体感に関わる作法となります。故人様に真言の教義を教え、一刻も早く仏弟子にする(速疾成仏)ということで、読経は 微音で速めに行われます。

   今回は以上です。