横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀 天理教

2015年7月12日

 今回は葬儀 天理教に付いて書かせて頂きました。

 天理教は 江戸時代末に成立した 中山みき を教祖とする新宗教の一つで、そのご葬儀は 悲しみの内に 霊を親神様の下に移して、残った亡骸(身体)を葬る儀式であると共に、何時の日にか再び新しい着物(身体)を借りてこの世に出直し帰ってくる事を願う、儀式であると言えます。天理教の死後観、霊魂観では 人の魂は神様より与えられた身体に宿って生まれ、神様の意思により生涯を終えると、古い身体は神様にお返しし、その魂は 新しい身体が見つかって この世に出直すまでの間、神様の懐に抱かれて待つと考えらられて居ります。天理教の教会本部は 奈良県天理市に置かれ、ご葬儀に於ける祭壇へのお参りは 神式と同様の玉串奉奠(たまぐしほうてん)により行います。玉串を献じた後に 参拝として 二礼四拍手一拝四拍手一礼を行います。尚 神式ではしのび手と呼ばれる 音をたてない拍手で行いますが、天理教では音をたてても良いとされます。

 天理教のご葬儀では 仏式の通夜式、神式の遷霊祭にあたる儀礼を”みたまうつし”と呼び、神様からお借りしていた身体から 魂(みたま)を移す儀礼で、大変重要な儀礼となります。みたまうつしに続き 発葬儀(はっそうのぎ、出棺の際の儀礼)、葬場儀(そうじょうのぎ、告別式にあたる)、ご火葬、葬後祓(そうごはらい、出棺後 各室を祓い清め火葬場から帰って来る方を門前でお祓いする)、葬後霊祭(そうごれいさい、神道の帰家祭に相当します)が営まれます。

 天理教のご葬儀は 神道の神葬祭を基本とした形式をとって居りますが、あまり厳密に形式にこだわる事はありません。これは 天理教の教理の中心が ”人間がいかにして神によって造られ、育てられ、守護されていることへの、感謝と報恩” に置かれ 極楽をあの世と結び付けるのではなく、”ここはこの世の極楽や” この世が極楽であって、”陽気ぐらし”を説くことから、現世が主で あの世や死後のことは従とされている と考えられます。従いまして ご葬儀の流れは 所属される教会により異なります。

   今回は以上です。