横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

 

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

横浜の葬儀 枕飾り・後飾り

2019年3月21日

 今回は葬儀 枕飾り・後飾りに付いて書かせて頂きました。

 ご家族の方が亡くなられた際に ご自宅で使用される 仮祭壇を 枕飾り、後飾りと称します。枕飾りとは 故人様のご遺体を自宅に安置した際 故人様の枕元に置いてお祀りをする為の供物台を言い、ご遺体を通夜式の斎場にお移しするまでの間 設置されます。後飾りとは ご遺体を火葬の後、焼骨を埋葬するまでの間(忌中)、お骨壺と白木位牌(神道では霊璽)を安置して お祀りする為の仮祭壇です。

 枕飾り

1 仏式では 枕元に白木の小台を備え、その上に三具足(香炉・花瓶・燭台)、鈴(りん)、枕飯、枕団子、浄水、お供え物等をお供えしてお祀りします。但し 枕飯(山盛りにご飯を盛り、二本の箸を垂直に立てた一善飯)・枕団子は 死出の旅路の食料とされますので、死出の旅路を説かない浄土真宗では不要となります。花瓶には 樒(しきみ)を立てるのが本来ですが、現在 横浜市内で樒を入手する事は困難ですので、大輪の白菊を一本立てて樒のかわりと致します。

2 神道では 白木で造られた八脚の台(案と呼ばれる)を枕元に備え、その上に燭台、洗米、塩、お神酒、水、榊を生けた花瓶、お供え物をお供えします。

3 キリスト教では 枕飾りに関する習慣は有りません。

 後飾り

1 仏式 では 忌中は まだ故人様は仏様には成れていない為、白木の仮位牌は仏壇に安置する事が出来ません。四十九日法要を営むまでは 後飾りと呼ばれ仮祭壇に安置して七日法要を営みます。通常は二段の祭壇を白布で覆い、上段に白木位牌・ご遺骨・ご遺影を安置し、下の段に三具足・花瓶・鈴・お供え物等をお供えして、忌明けまで日々お祀りします。

2 神式では 白木の八脚台を用意し 仮霊璽(仏式の白木位牌)・ご遺影・ご遺骨(本来は火葬後にすぐ埋葬)を安置し、その前に洗米・塩・水・お神酒・お供え物をお供えし、その両側に榊を立てた花瓶と燈明を配置して日々お祀りします。お祀りは五十日祭を終えるまで営みます。

3 キリスト教式では 本来は土葬と成りますので、特別な決まりは有りませんが、ご火葬をされてご遺骨がある場合には 納骨の日まで 小台を用意し、ご遺骨とご遺影を安置し、その前に十字架・故人様ご使用の聖書を置き、洋花を生けた花瓶と燭台を飾ってお祀りします。尚 納骨の日取りは司祭若しくは牧師とご相談される様 お薦め致します。

   今回は以上です