横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

横浜 葬儀 正式礼装(男性)

2019年3月21日

 今回は葬儀 正式礼装(男性)に付いて書かせて頂きました。

 男性がご葬儀に参列される場合 その立場により装いは 正式礼装、若しくは略礼装を着用しなければ成りません。正式礼装は 洋装の場合はモーニングコート、和装であれば黒羽二重染め抜き五つ紋付きの着物と羽織、仙台平の袴となります。略礼装であれば 日本独特の礼服としてブラックスーツとなります。

 洋装の正式礼装としては モーニングコートに黒とグレーの縦縞のズボンを合わせます。ワイシャツは白、ネクタイは黒無地を着用します。但し モーニングコートは昼間の正式礼装ですので、昼間に行われる葬儀・告別式にのみ着用し、夜間に行われる通夜式では 略礼服であるブラックスーツを着用します。正式礼装を着用するのは 葬儀当日の 喪主、ご遺族、近親者、社葬や団体葬に於ける葬儀委員長などの方々です。現代では 通夜式、葬儀・告別式をとおして 喪主様 ご遺族、一般会葬者共にブラックスーツを着用されるのが一般的となって居ります。その時 気を付けたいのは 喪主様がブラックスーツを着用しているのに 世話役代表の葬儀委員長がモーニングコートを着用するのは避けねばなりません。喪主様と世話役代表は同格の装いをしなければ成りません。

 略礼装であるブラックスーツは日本独特の礼服でもあります。現代の日本に於きましては 慶弔いずれの場にもブラックスーツが礼服として着用されて居ります。通夜式・葬儀・告別式・法要などに於いては ブラックスーツを着用します。略礼服は 黒だけでは無く、濃紺や濃いグレーのダークスーツも略礼装として着用は可能です。

   今回は以上です。