横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

 

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

横浜の葬儀 不祝儀袋

2019年3月21日

 今回は葬儀に於ける不祝儀袋に付いて書かせて頂きました。

 不祝儀袋とは お祝い事の際に金品を包む祝儀袋の反語で、葬儀などの弔事の際に金品を包む為に使う 黒白などの水引で結ばれた袋の事を言います。通夜や告別式に持参する金品は 不祝儀袋に包んで持参しますが、その不祝儀袋は お相手の宗教に合わせた形態で持参するのがマナーです。一般的には 香典袋とも呼ばれますが 香典とは 仏式の葬儀に於いて 故人様の霊前にお供えする金品を言います。香の字が使用されるのは 香・線香の代りに供えるという意味であり、典とは霊前に供える金品という意味です。

 弔事での水引の結び方は ”不幸が二度と来ない様に”と ほどけない結び切りを使用します。のしはつけません。ご葬儀の時の表書きは 

仏式では ”御香典” 若しくは ”御香料”を使用し、その下に お名前をフルネームで薄墨を使い記名します。現代では 薄墨の筆ペンが不祝儀用として市販されて居ります。尚 御仏前の表書きは 四十九日以降の法要で使用されます。

神式では ”御玉串料”若しくは ”御榊料”。

キリスト教では ”お花料” とします。

”御霊前”は 各宗教 共通で使用出来ます、ご葬儀がどの宗教で行われるのか解らない場合などでは ”御霊前”と表書きするのが良いでしょう。

尚 蓮の絵柄がついている包みは 仏教以外では使用出来ません。

 ご葬家が宗教家にお贈りするお礼の表書きは 仏式では ”お布施”、神式では ”御神饌料”、キリスト教式では ”献金”とするのが一般的です。

   今回は以上です。