横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

 

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

横浜の葬儀 通夜への参列

2019年3月21日

 今回は葬儀 通夜への参列に付いて書かせて頂きました。

 本来 通夜は 遺族・近親者・極親しい友人など 故人様と深い係わりを持つ方々が集まり、夜を通して故人様との最後の別れを惜しみ、故人様の霊とご遺族を慰める為のものです。従いまして 特に親しい関係でなければ 通夜には出席せず、告別式に参列するのが本来の形です。しかしながら 忙しい現代では 昼間に営まれる告別式に参列する事が難しい為、夜間に営まれる 通夜に参列するケースが多くなりました。

 最近の考え方では 通夜も告別式も同じ 故人様とのお別れの場 との考えから、それ程親しくは無いけれども お別れはしたいと考える方々が通夜に行かれるケースが増えました。この様な場合には 通夜振舞いに誘われても 遠慮をして早めに引き上げるのが良いでしょう。

 最近の通夜は 半通夜といって 夜の6時、若しくは7時から始まり、僧侶の読経 ご遺族・親族・参列者の焼香 その他を一時間弱で執り行い、その後 一時間前後の通夜振舞いの席が持たれて、全2~3時間でお開きになる形が一般的です。

式場には 通夜開始時刻の10分前に着く様にします。到着しましたら 受付で記帳をし、”この度はご愁傷さまで御座います、御霊前にお供え下さい” と簡単にお悔みを述べて 香典を差し出します。受付が無い場合は 拝礼・焼香の際に祭壇に供えるか、ご遺族にお渡しするようにします。

通夜の会場では 祭壇に向かって右側に 喪主、遺族、近親者が 左側に 世話役、友人、職場関係者などが着席します。一般弔問客は その後ろの席となります。会場に入る時は 先客に一礼をして後方の席に着きます。焼香・拝礼は席順に行われます。

  今回は以上です。