横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀横浜 弔辞の作成

2017年12月3日

 今回は葬儀横浜 弔辞の作成に付いて書かせて頂きました。

 告別式で奉読される 弔辞は 故人様のご逝去を悼み、お別れと共に ご遺族の悲しみを慰める言葉となります。ご遺族より弔辞を依頼されましたら、弔辞を用意しなければ成りません、その構成は ①弔辞の最初は故人様への呼びかけで始まる、②ご逝去の驚きを述べる、③故人様との関係を述べる、④故人様の人柄や業績を称える、⑤ご遺族への慰めの言葉の後にお別れの言葉で結ぶ、が一般的な構成となります。

 弔辞の初めは 〇〇先生、〇〇先輩、〇〇さん、などの呼びかけで始めます。但し キリスト教の告別式では 故人様が神に召されて安らかに眠る事を祈る との事から呼びかけ形式はとりません。

 次には 故人様ご逝去の驚きを述べます。”突然のお知らせに ただ唖然とするばかりです”、”突然の訃報に接し、しばらく言葉を失いました”などです。

 その後に 故人様との関係を述べます。参列者の方々に 故人様と弔辞奉読者の関係が解るように はっきりと述べます。

 そして 弔辞のメインの部分として 故人様の人柄や業績を エピソードを交えながら讃え、感謝の気持ちを伝えます。但し わざとらしい褒め言葉や美辞麗句は避けて、奉読者の素直な心情を表現します。

 最後に ご遺族への慰めの言葉を述べた後に、故人様へのお別れの言葉を述べて、結びとします。仏式や神式では ”安らかにお眠り下さい” ”ご冥福をお祈り申し上げます” が一般的です。

   今回は以上です。