横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

横浜葬儀 法要参列のマナー

2019年3月21日

 今回は葬儀横浜 法要参列のマナーに付いて書かせて頂きました。

 法要とは 仏教の葬送儀礼に於いて、四十九日、一周忌、三回忌、七回忌、他の式日に、故人様の冥福を祈って営む法事(ほうじ)の事で、追善供養とも言われます。神式では 同じ目的で 五十日祭、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭等の式日に 御霊祭(みたままつり)を営みます。キリスト教では 天国に召された故人様の冥福を祈る習慣は御座いませんが、ご遺族の希望される日に故人様を偲ぶ会が催される事が有ります。

 法要(御霊祭、偲ぶ会)に招かれた時は 特別な事情が無い限りは出席するのが礼儀となります。案内状を頂戴したら、なるべく早く出欠の返信をします。法要はあくまでも、招かれたら出席すべき場で、招待を依頼したり 日時や場所を問い合せるのはマナー違反となります。法要の当日は 不祝儀袋に 御仏前として現金を包むか、お供物を用意して持参します。お供物は 生花、果物、菓子、故人様が生前に好まれた物、線香等ですが、後々の事考えると、現金を包むのが良い様です。御仏前は袱紗に包んで持参します。法要の当日は 開始時間の20分から30分前に式場に到着し ご遺族に挨拶します。挨拶は ”本日はお招き頂きまして恐れ入ります、ご一緒にご供養させて頂きます” が一般的です。ご挨拶と共に 御仏前にお供え下さい と言って御供物料をお渡しします。

 法要に出席する際の服装は 四十九日、一周忌の法要では 男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマルを着用し、三回忌以降は地味な平服で構いません。尚 案内状に平服と示されている場合は 黒は着用せず地味な平服で出席します。

   今回は以上です。