横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

 

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀横浜 危篤の連絡

2017年12月13日

 今回は葬儀横浜 危篤の連絡に付いて書かせて頂きました。

 担当の医師より ご家族が危篤の状態に陥った と知らされた際には その御家族と繋がりの深い方々に連絡をします。その連絡は電話を主として、電話が繋がらない場合は電報でお知らせします。そして 危篤 あるいはそれに近い状態にある場合は 事前に当座に必要となる現金をご用意下さい。

 医師よりご家族が危篤を告げられましたら、まず 息の有る内に面会させたい方々に 至急連絡を取ります。危篤を知らせる範囲と順番は以下が一般てきです;

1 ご家族や近親者

   血縁の深い親族が優先となります。両親、子供、兄弟姉妹、祖父母、孫、配偶者の親や兄弟姉妹、叔父、叔母、甥、従弟の方々などです。

2 次に 特に繋がりの深い友人、知人。

3 そして 勤務先・学校・関係団体などの中で 特に付き合いの深い方。

などです。

以上が目安と成りますが、大切な事は ご本人が会いたがって居る人、ご家族が会わせたと考える人に優先して連絡を取ります。親戚であっても日頃は行き来していない場合は 特に知らせる必要は有りませんが、日頃は行き来をしていなくとも、親・兄弟姉妹にはお知らせすべきでしょう。

 危篤の連絡は 原則 電話で行います。相手が目上であっても、深夜 早朝であっても 気にせず早目の連絡を心がけます。とうしても 電話が通じない場合は メール、Fax、電報などを適時 使用して内容を確実にお知らせします。お知らせする内容は;

1 危篤者の居る場所(駈け付けて欲しい場所)の住所、電話番号、最寄の交通機関、道順、などです。病院の場合は科名、病室番号も付け加えと良いでしょう。

2 病状

3 何時までに来て欲しいのか。

そして 〇〇が危篤となりました 一目会って頂けませんでしょうか? と伝えます。

 万一の状態が発生した場合には 病院の支払い、当座のタクシ-・食事代、遠方から来られる方の交通費・宿泊代、葬儀式場費用、火葬炉利用料、などで 現金が必要と成ります、出来れば危篤状態と成る前に まとまった現金を用意しておきましょう。銀行など金融機関では 名義人が死亡した事実を認識すると 口座を凍結して入出金を止める事が法的に定められて居りますので、危篤者の口座が必要な場合には ご逝去の前に出金が必要と成ります。

   今回は以上です。