横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀横浜 納棺

2019年3月21日

 今回は葬儀横浜 納棺に付いて書かせて頂きました。

 ご自宅に安置されて居りますご遺体は 通夜を始める前に棺にお納めします。納棺と呼ばれます。納棺は 納棺師 若しくは葬儀社の指導の下で、ご遺族や近親者の方の手により行います。ご遺体のお体をお清めし、死装束(しにしょうぞく)をお着せして 服装を整え、棺の中にお納めし、一緒に火葬する副葬品を共に納めて、棺のふたをし、通夜式に備えます。

 ご遺体のお清めは 古くは湯灌とよばれ、逆さ水の湯にご遺体を入浴させて洗い清めましたが、現代では看護師の手によるエンジェルケアによりご遺体は清められて居りますので、アルコール綿により 足・手・顔を簡単にお拭きする形が一般的となって居ります。

 ご遺体をお清めした後には死に装束をお着せします。死に装束は 仏式であれば 白の経帷子(きょうかたびら)をお着せして、白の帯で締め、額に三角の布(四半 しはん)手甲・脚絆を付けて、首に六文銭を入れた頭侘袋をお掛けします。(但し 浄土真宗では死装束は施しません)。神式では 神式用の白装束、キリスト教では時に有りませんが 生前 礼拝の際に着用されて居られた衣服などが施されます。死に装束をお着せするのが難しい場合には ご遺体の上から死に装束で覆う形となります。又 生前にご愛用された衣服をお着せしたい場合には 死に装束の上にお着せします。死に装束は 葬儀社でご用意するのが一般的です。

 最後にご遺体を近親者の手により棺にお納めします。最近は葬儀社に任せる事が多く成りましたが、出来れば ご遺族・近親者の手でお納めする事をお薦め致します。そして 故人様が愛用された品物や愛読書を副葬品としてご遺体近くにお納めしたふたをとじます。尚 お柩の中に 火葬の際に支障をきたす 金属、ガラス、プラスチックなどは納められませんのでご注意下さい。これらの品物は 骨壺にご遺骨と共に納める事が出来ます。

   今回は以上です。