横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀横浜 宗教家への謝礼

2018年1月20日

今回は葬儀横浜 宗教家への謝礼に付いて書かせて頂きました。

 葬儀を営むに当たりましては 故人様 若しくは喪主様が信仰される宗教に基ずいて執り行われますが、お導き頂く宗教家へ謝礼を用意する必要が御座います。謝礼は 仏式であれば”お布施”、神式であれば”御神饌料””玉串料”、キリスト教式であれば”献金”としてお渡し致します。お渡しする機会は 通夜が始まる前にご挨拶する時、あるいは葬儀が終った後にお礼の挨拶をする時、の何れかとなります。お渡しする金額は 宗教、地域により異なりますが、現代の横浜では 四拾数万円が平均金額となって居ります。

 仏式の葬儀に於ける 御導師への謝礼は ”お布施”と表書きしてお渡ししますが、本来の意味は 葬儀の施主様(喪主様)が 御導師が務める檀家寺の御本尊にお供えする布施(財施)としてお渡しするものです。従いまして その金額は 施主様がご用意出来る範囲でお包みすれば良いものですが、現代では 檀家様がお布施の金額で混乱せぬ様に寺院自身で一定のルールを決めている事も多くなりましたので、お願いする寺院のご住職に忌憚なくお聞きするのが良いでしょう。葬儀に於けるお布施の内訳は 読経料、戒名料、お車代、お膳料です。

読経料;通夜式、葬儀式、告別式に於いてお経を読んで頂く事への謝礼です。

戒名料;故人様に戒名を授けて貰う事への謝礼です。お願いする寺院、授けて頂く戒名の位(信士・信女、居士・大姉、院号)により異なります。

お車代;ご導師が移動する為に必要となる交通費のことです。世話役が車で送り迎えをした場合でも お車代をお包みするのが一般的です。又 遠方よりお招きして 宿泊が必要な場合の宿泊費を含める場合も御座います。

お膳料;ご導師が会食に参加されない場合にお渡しする食事代です。会食に参加された場合にもお渡しするのが一般的です。

 神式のご葬儀で用意する 玉串料もお布施と同様に 神主への謝礼では無く、神社がお祀りしている神様へのお供え物としてお渡しします。玉串料の他に お車代とお膳料もお包みします。

 キリスト教式のご葬儀では 司祭・牧師へのお礼では無く、教会への献金として用意します。葬儀が所属する教会で営まれた場合は お車代は不要となります。キリスト教式では会食は行いませんので お膳料は御座いません。

   今回は以上です。