横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀横浜 仏壇

2018年2月18日

今回は葬儀横浜 仏壇に付いて書かせて頂きました。

 仏式のご葬儀も滞りなく終了しますと、ご遺骨と故人様の霊の依代(よりしろ)である白木のご位牌(仮位牌)は 後飾りと呼ばれる仮祭壇に安置され、四十九日法要が営まれるまでの間(忌中)祀られます。四十九日法要では 白木の位牌に籠められた故人様の霊は 本位牌に移され、ご仏壇に安置される事となります。一般的に ご仏壇はご先祖様、故人様の礼拝施設と考えられがちですが、本来は ご自宅に常設された仏教の礼拝施設で御座います。又 寺院の仏堂に於いて仏像を安置する壇(須弥壇 しゅみだん)も仏壇と呼ばれます。

 仏壇は ご自宅に於ける仏教の礼拝施設ですので、その中心は 信仰する宗派の御本尊となります。御本尊は菩提寺の宗派により異なり、通常は立像 坐像 掛け軸などですが、絵像や名号の宗派も御座います。御本尊の両側には 宗派により定められた脇仏を飾ります。仏壇に位牌を祀るようになったのは 亡くなった人は全て成仏するとの仏教の考え方によるものとされます。    

 御本尊を安置する場所は 須弥壇と呼ばれ 聖域を意味します。須弥壇は 仏教の世界の中心にそびえ立ち、最も高い所に位置する須弥山をかたどって居ります。仏壇は この須弥壇を中心に構成され、最上段が須弥壇として御本尊が安置され、二段目に故人様 御先祖のご位牌を安置し、最下段に供物の為の仏具や 読経や礼拝の為の仏具が備えられます。一般的な仏具としては 燭台、香炉、花立て、線香立て、茶湯器、仏飯器(炊き立てのご飯を盛って供える器)、高坏(高脚のついた器、半紙を敷いて菓子や果物などの供え物を盛る器)、読経に必要な教本、鈴、鈴台、鈴棒などです。

 礼拝に必要とされる 香、花、灯明には其々 意味があります。香には抹香と線香があり、その煙は 仏様のへ御馳走であると共に、礼拝する者の身を清める意味が有るとされます。花は仏の慈悲心を表すとされ、左右一対でお供えするのが基本ですが、一基の場合は 御本尊に向かって左側に配置します。灯明(ろうそくの火)は 仏の智恵を表わす光明にあたり、心の隅に 仏の智恵である光がさしこむことによって 悟りを開き、暗闇を取り除くとの意味があります。灯明も一対が基本ですが、一基の場合は 御本尊に向かって右側に配置します。

   今回は以上です。