横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀横浜 仏壇の手入れ

2018年2月20日

 今回は葬儀横浜 仏壇の手入れに付いて書かせて頂きました。

 仏壇や仏具は常にきれいにして於きます。日常的には簡単なからぶき程度の掃除をして ほこりがたまらない様にし、故人様の命日 お彼岸 お盆の前 など年に何回かは念入りな掃除を行います。礼拝は毎朝晩 行うのが基本です。仏壇に供物・供花を供え、灯明を灯し、線香を上げたのち読経をするのが基本です。朝は 朝食の前に、晩は夕食の後に、ご家族全員で礼拝するのが正式な作法です。

 仏壇の掃除は 毛ばたきでほこりを払い、やわらかい布か仏壇用のクロスでふきとりを行います。

年に何回かの念入りな掃除を行う場合には 清掃の前に本尊に合掌をして 礼拝を行います。

本尊や掛け軸等は羽根箒や筆先でほこりをはらいます。仏具類はやわらかい布でからぶきを行いますが、仏飯器 茶湯器 花立てなどは ぬるま湯で内側 底などを丁寧に洗い、水気を残さぬ様 乾いた布でふき取ります。金具類は 金属磨き剤を使用して磨きます。漆塗りや金箔の部分は 汗や手の脂つかぬ様注意します。薄い布手袋をはめたり やわらかい布などを使って、手で直接触れない様にし、毛ばたきでほこりを払い、ガーゼなどのやわらかい布で軽くふきます。燭台にロウソクのロウが溜まったときは ロウ除去剤を使って取り除きます。金属片などを使ってとろうとすると、燭台を傷つける事が有りますので、気お付けます。香炉の灰も手入れします、線香の燃えカスなどの汚れを 灰ふるいを使ってきれいにし、灰ならしで 灰の表面を平らかにします。尚 かたい布でふいたり、強くふいたりすると、金箔 金粉 色付きの部分などを傷つける場合が御座いますので、注意が必要です。

 良い仏壇は 丈夫に作られて居りますが、長年使用していると 扉の蝶番のネジが緩む事もあります、必要に応じて締め直す事をお薦めします。

   今回は以上です。