葬儀横浜 仏壇の購入

 今回は葬儀横浜 仏壇の購入に付いて書かせて頂きました。

 

 仏壇を新しい変えたり、新規に購入される場合、仏壇は 信仰される宗派により異なる事が御座いますので、菩提寺をお持ちの場合は 菩提寺の住職の相談をして購入されると良いでしょう。菩提寺をお持ちで無い場合は 葬儀社 もしくは仏具店に宗派を伝えてアドバイスを受けます。そして 購入後には 必ず 開眼供養を営みます。

 

 仏壇を購入する時期に 特別な決まりは有りません。一般的には 四十九日の忌明け法要に合わせて、彼岸に合わせて、お盆に合わせて、などです。これ以外の時期に購入するのは不幸を呼ぶ と言われる事も有りますが、これは迷信ですので 気にする必要は有りません。

 

 仏壇は宗派によって本尊や飾り方が異なりますので、宗派に合った仏壇・仏具を選ぶ事が大切です。購入前に 菩提寺に相談するか、信頼できる仏具店を選んで、良く相談の上 購入する事をお薦めします。新規に仏壇を購入する際は あらかじめ 安置する場所を決めておき、高さ 幅 奥行きなどを測った上で仏具店に出向きます。又 仏壇の大きさは 扉を開いた時に問題がないか も考えた上で選びます。

 

 新しい仏壇を購入した場合には 菩提寺に依頼をして 新しいご本尊や故人様のご位牌に対する 開眼供養(入魂供養とも言う)を営まなければ成りません。開眼供養により ただの物であった ご本尊や御位牌が 尊像へと生まれ変わる事と成ります。又 仏壇に対しても ご本尊を安置する清浄な場となるべく、お清めの儀式を行います。

 

 仏壇を新しく買い換えた場合には 古い仏壇は 寺院若しくは仏具店に依頼をして、供養をした後に処分します。

 

 四十九日法要に合わせて購入した新しい仏壇は 忌明け法要(四十九日法要)までは使用しません。葬儀により 白木位牌に納められていた故人様の霊は 入魂供養により 白木位牌から本位牌に移されて 仏壇内にお祀りされる事と成ります。役目を終えた 白木位牌はお寺で焼却となります。

 

   今回は以上です。

▲このページのトップに戻る