葬儀横浜 御霊舎

 今回は葬儀横浜 御霊舎(みたまや)に付いて書かせて頂きました。

 

 神道に於きましては ご自宅で神様をお祀りする為に神棚を設けますが、故人様(ご先祖)をお祀りする為には 御霊舎を設けます。御霊舎は 祖霊舎(それいしゃ)とも呼ばれ、故人様の霊璽(仏教の位牌に相当)を依代(よりしろ)としてお祀りする 御家庭のお社です。仏教の仏壇にも相当しますが、仏壇は御仏をお祀りする中で 故人様の霊(位牌)をもお祀りする祭壇ですが、御霊舎は 故人様の霊(霊璽)のみをお祀りする祭壇(社)です。

 

 神道では 故人様をお祀りするのは神棚ではなく、御霊舎となります。故人様の霊は祖霊に加わって 家の守護神となり、子孫を護るものとされます。ご家族に不幸があって 御霊舎を新たに設ける場合は、五十日祭に合わせて購入します。御霊舎には 仏式の位牌に当る霊璽を安置 お祀りします。忌明けに営む 五十日祭の祭儀に於いて 故人様の霊は 白木の霊璽から 本霊璽に移され、その後の合祀祭により 本霊璽を御霊舎に安置して、お祀り、拝礼します。


 御霊舎に安置する霊璽には これという決められた形は御座いません。時代や地域によって異なります。一般的には 台付きの平板を使用し 表にみたまさまのお名前を書き、背面に享年と帰幽年月日を記入して、覆いがかぶされます。尚 京都では 角柱形の霊璽が、出雲では剣先形の板の霊璽が、更には ご先祖様 全てのお名前を記入して依代と出来る霊璽簿なども使われて居ります。


 御霊舎の設置場所は 神棚と同じく、清浄で気軽にお参り出来る場所とします。方角等の決まりは無く、神棚の側でも構いませんが、神棚よりは一段下げた所に置きます。


 御霊舎に用意する神具は 水器、土器、灯明具一式、お神酒徳利一対、榊立て一対など 神棚の神具と同様です。毎朝 新しいお水を供えて灯明を灯し、拝礼します。


   今回は以上です。

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る