葬儀横浜 キリスト教の自宅祭壇

 今回は葬儀横浜 キリスト教の自宅祭壇に付いて書かせて頂きました。

 

 キリスト教では 死者の霊魂は神の身許に召されて平安に暮らし 復活の日を待つ、とされて居り、カトリックに於いても、プロテスタントに於いても、祈りの場は 教会を中心にして営まれます。そして 祈りの対象は 天の主なる神とイエス・キリストですので、ご自宅で故人様を対象に お祈りする習慣は有りません。尚 日本に於けるカトリック教徒の一部の方が ご自分の考えに基ずいて、仏壇に代わる キリスト教用の家庭祭壇を設けるケースは御座います。

 

 キリスト教に於きましては 故人様を供養する習慣も、故人様の霊を祈る習慣も有りません。従いまして 仮に自宅祭壇を設ける場合 祭壇の形や飾り方に特別な決まりは有りません。又 供物を捧げる習慣も有りません。

 

 故人様を偲ぶものとしては 祭壇ではなく、サイドボードの上などに故人様の写真を置き まわりをお花や 故人様がお好きだった物で飾り、懐かしんで思い出す形が一般的です。その際に気を付けなければならないのは 写真に向かって祈ってはなりません。死者は礼拝の対象ではありませんので。又 仏壇と同様のご飯やお茶はもちろん、イエス像や 十字架も置きません。但し 故人様が身に付けていた クロスは別ですが。


 日本に於ける カトリックでは 仏式の仏壇に代えて家庭祭壇を設けると 説明される事が有りますが、これは必ずしも正しくは有りません。世界的にはカトリックでもプロテスタントでも ご自宅にお祈りの為の家庭祭壇を設ける事はありません。更に 家庭祭壇を 親から子に引き継ぐ習慣は御座いません。


   今回は以上です。



▲このページのトップに戻る