葬儀横浜 墓地の購入

 今回は葬儀横浜 墓地の購入に付いて書かせて頂きました。

 

 お身内の方が亡くなられ、ご葬儀を営んだ後にお骨壺に納められたご遺骨をお墓にお納めする場合には 法律により定められた土地の使用権を得て、墓石を建立し、墓石の内にお納めしなければ成りません。定められた場所とは 各自治体が認可した場所となります。昔の様に ”ご自宅の庭にお墓をたてる” 事は 現在の法律では許されて居りません。尚 お墓を建てる費用としては 永代使用料、墓石代、墓地管理料の負担が必要と成ります。

 

 墓地の購入とは 宅地を購入する時の様に所有権を取得するのではなく、墓地の永代使用権を取得する事で有ります。永代使用権とは 墓地を永久に使用する権利です。従いまして 墓地を購入する際に支払う対価は 永代使用料(墓地使用料とも呼ぶ)となります。又 この永代使用権を継続する為には 墓地の管理料が発生します。

 

 永代使用権は 代々 子孫が受け継ぐ事が出来ます。法律上も 墓地・墓石を守る方に対して、墓地使用権の相続が認められて居ります。但し 第三者に転売したり、墓地以外の目的に使用する事は出来ますん。又 永代使用に関する条件や契約に当たっての内容は 其々の墓地を管理する霊苑により異なりますので、内容を良く確認の上で、ご検討頂く必要が有ります。

 

 霊苑、墓地の種類は大きく分けて三つに分かれます。経営主体の違いによる 公営墓地(霊苑)、寺院墓地、民営墓地(霊苑)ですが、最近は 其々の霊園・墓地で 特定の地面を持たない 納骨堂形式の納骨設備も増えて居ります。

 

   今回は以上です。

▲このページのトップに戻る