葬儀横浜 仏式の追悼儀礼

 今回は葬儀横浜 仏式の追悼儀礼に付いて書かせて頂きました。

 

 仏教では 葬儀式以降に営む 追悼儀礼を法要(法事とも言う)と呼んで居ります。法要とは 本来の意味は 釈迦の教え(仏法)を知るということ、仏法の要点・肝要を知ること でしたが、その後 時代の変化と共に 法事・仏事・法会などの儀式祭礼全般を指す様になり、更に 日本に於ける仏教信徒の間では 追善供養を指す様になりました。尚 法要には 死者を弔う儀式以外に、寺院の創立記念、新しい堂宇の完成、仏像の開眼 等の慶事の儀礼も含まれて居ります。


 葬儀式を営んだ後には 故人様の冥福を祈り、その霊を慰める為に法要を営みます。法要は 一周忌までに営む法要と、以降の年忌法要に大別されます。


 仏教では 人が亡くなってから七週間(七×七、四十九日)は中陰(ちゅういん)と呼ばれ、死者の霊は 現世と冥土の間をさまよって居るとされます。この間に 残された者が供養を営む事で 死者の霊が無事に冥土(極楽浄土)に行き、成仏出来る、とされます。七日毎に七回 法要を営むのが本来ですが、初七日法要を遺骨迎えと合わせて営み、四十九日法要までの 七日毎法要と 100日法要は 内輪ですませるのが一飯的です。四十九日法要は ”満中陰” とよばれ、一周忌までの法要の中で、最も重要な 忌明けの法要となります。遺族は近親者や知人・友人をお招きして営みます。墓地をすでにお持ちのご遺族は 四十九日法要に合わせて納骨されるのが一般的です。


 故人様が亡くなられた 同月同日の命日を 祥月命日(しょうつきめいにち)と言い、毎月の亡くなられた日と同じ日を ”月忌(がつき)”と言います。年忌法要は 祥月命日に営む法要で、亡くなられた翌年に営むのが一周忌、その一年後が三回忌法要となります。二回忌は有りません。三回忌以降は 七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌 となりますが、一般的には 三十三回忌を ”弔い上げ” として年忌法要を終えます。


   今回は以上です。

  

▲このページのトップに戻る