葬儀横浜 キリスト教の追悼儀礼

 今回は葬儀横浜 キリスト教の追悼儀礼に付いて書かせて頂きました。

 

 キリスト教に於きましては 故人様は天国に召されて 神の下で復活の日を待つ事と成ります。従まして 仏教の様な法要の概念は御座いません。キリスト教に於ける追悼儀礼は 故人様に係わる記念日に 故人様を偲んで 追悼ミサ(プロテスタントの場合は記念式)を営む事と成ります。 

 

 カトリックでは ご逝去の日から3日目、7日目、30日目などに、所属していた教会で追悼ミサを営みます。追悼ミサには ご遺族、近親者、知人・友人が参列し、聖歌の斉唱 祈祷 司祭の説教などが行われ、その後に 教会の一室 或いはご遺族のご自宅で 茶話会を開き故人様を偲びます。その後は 10年目や20年目などの区切りのよい年の ご逝去された日に追悼ミサを営むことも御座います。尚 カトリック教では 11月は ”死者の月” とされ お墓参りをこの月に行います。又 11月2日は 死者の記念日である ”万霊節” で 死者の為の特別なミサが営まれます。

 

 プロテスタントでは ご逝去後 1ヶ月目の召天記念日(亡くなられた日)に記念式を営みます。記念式は 教会、ご自宅、墓前の何れかに於いて ご遺族 近親者 知人・友人が集まり、牧師をお招きして、賛美歌の斉唱 祈祷 牧師の説教などを行い、その後に茶話会を開いて 故人様を偲びます。その後は ご遺族の希望にもとずき、毎年の召天記念日に 記念式を営むのが一般的です。

 

   今回は以上です。 

 

 

▲このページのトップに戻る