葬儀横浜 墓参り

 今回は葬儀横浜 お墓参りに付いて書かせて頂きました。

 

 お墓参りとは お墓に葬られたご先祖や故人様の菩提を弔うために行います。残された家族が無事に暮らしている事を報告し、ご先祖様に感謝の意を表します。お墓参りは 何時 お参りしても構いませんが、仏式の場合は 春秋のお彼岸、お盆、故人様の祥月命日、年末にお参りするのが一般的です。お参りする際には 寺院の住職 あるいは霊苑の管理事務所にお墓参りする旨の挨拶をし、最初に墓地・墓石の清掃を行い、その後 作法に従って お墓参りを行います。

 

 寺院墓地の場合は まずご住職に挨拶をし、本堂に参堂した上で お墓参りを行います。

最初に墓地・墓石の清掃を行います。清掃に使用する水をためる手桶 柄杓 箒などは霊苑の管理事務所で借りられますが、それ以外の清掃用具 たわし、タオル、植木バサミなどは持参する必要が有ります。又 お参りの際に必要な 線香、ロウソク、着火道具、お供え物なども持参します。

 

 掃除の手順は 

1 墓石に柄杓で水をかけ、たわしなどを使って 汚れや苔を落します。汚れが落ちたら 十分に水洗いした上で、水気が残らない様 タオルで拭き清めます。その後 手桶をゆすいで、きれいな水で満たします。

2 伸びすぎた植木は短く刈り込み、墓地内の落ち葉や雑草、ゴミを取り除き、掃き清めます。

3 古い卒塔婆は管理事務所にお願いをして処分して貰います。

 

 墓地・墓石がきれいになりましたら お花、故人様がお好きだった菓子や果物をお供えします。その上でお線香に火をつけ お墓参りの方々にお分けします。お墓参りは 故人様と縁の深い順に お線香を上げ、手桶の水を柄杓ですくい 墓石にかけ、しゃがんで墓石を見上げながら合掌して 故人様の冥福をお祈りします。墓石にお水をかけるのは 御仏ののどを潤すと共に 清める為と言われて居ります。

 

 お供え物は 古くは 故人様の功徳として自然界の生きものに還元すべき、とされて居りましたが 現代では 食べ散らかされて 霊苑の景観が損なわれる事から、お墓参りが終りましたら 持ち返る事がマナーとなりました。又 お帰りの前には 火災予防の為 線香が燃え尽くした事を確認します。 

 

   今回は以上です。

▲このページのトップに戻る