葬儀横浜 神道のお墓参り

 今回は葬儀横浜 神道のお墓参りに付いて書かせて頂きました。

 

 神道では お墓のことを 奥津城(おくつき)と呼びます。神霊をお祭りしてある所、神の宮居という意味合いを持ちます。奥津城へのお参りは 故人様の祥月命日に営む式年祭(御霊祭、一年祭、五年祭、十年祭など)を中心として、お盆 春秋のお彼岸に行います。お参りの時間帯の決まりはありませんが 午前中のお参りが一般的です。お墓参りの前には 墓地・奥津城を清掃・お清めし、作法に従ってお参りします。

 

 最初に墓地・奥津城の清掃を行います。清掃に使用する水をためる手桶 柄杓 箒などは霊苑の管理事務所で借りられますが、それ以外の清掃用具 たわし、雑巾、歯ブラシ、タオル、植木バサミ、ゴミ袋、などは持参する必要が有ります。又 お参りの際に必要な 榊、お神酒、塩、お米、ロウソク、着火道具、お供え物なども持参します。

 

 掃除の手順は 

1 墓石に柄杓で水をかけ、たわしなどを使って 汚れや苔を落します。汚れが落ちたら 十分に水洗いした上で、水気が残らない様 タオルで拭き清めます。その後 手桶をゆすいで、きれいな水で満たします。

2 伸びすぎた植木は短く刈り込み、墓地内の落ち葉や雑草、ゴミを取り除き、掃き清めます。

 

 墓地・墓石がきれいになりましたら 榊を花立てに供え、神具に水 お神酒 塩 洗米 そして 故人様の好物などを お供えし、燭台のロウソクに火を灯します。お墓参りは 故人様と縁の深い順に しゃがんで奥津城を見上げながら まずは 深く拝礼し その後 二礼二拍手一拝を行い 最後に合掌して 故人様の冥福をお祈りします。尚 一年祭以後のお墓参りでは しのび手では無く、音を立てて拍手を行います。

 

 墓地からお帰りになる際には 果物や菓子などのお供え物は 後で鳥などに食べ散らかされない様、お参りが済みました 持ち返るのがマナーです。

 

   今回は以上です。

▲このページのトップに戻る