葬儀横浜 キリスト教の墓参り

 今回は葬儀横浜 キリスト教の墓参りに付いて書かせて頂きました。

 

 キリスト教では 故人様の死は 神の下に召されて、復活の日まで安息な日々を過ごす、とされて居りますので、お墓参りは 故人様の冥福を祈ると共に 神への祈りを捧げる事を主とします。お墓参りの前には 墓地・墓石の掃除を行い、お花を手向け、心を込めて お祈りします。お墓参りの日に決まりは有りませんが、故人様の命日にお参りするのが一般的です。又 お墓参りに特定の作法は有りません。

 

 最初に墓地・墓石の清掃を行います。清掃に使用する水をためる手桶 柄杓 箒などは霊苑の管理事務所で借りられますが、それ以外の清掃用具 たわし、雑巾、歯ブラシ、タオル、植木バサミ、ゴミ袋、などは持参する必要が有ります。又 お参りの際に必要な お花や、お供え物なども持参します。

 

 掃除の手順は 

1 墓石に柄杓で水をかけ、たわしなどを使って 汚れや苔を落します。汚れが落ちたら 十分に水洗いした上で、水気が残らない様 タオルで拭き清めます。

2 伸びすぎた植木は短く刈り込み、墓地内の落ち葉や雑草、ゴミを取り除き、ごみ袋に収めたた上で掃き清めます。

故人様が眠るお墓であり、神への礼拝をする場所でもありますので、日頃よりきれいにして於きます。

 

 お墓の清掃が終りましたら、お墓にお花を手向け、心を込めてお祈りします。お花は 故人様がお好きだったお花や 白百合、カーネションなどが良いでしょう。大振りのお花よりは小ぶりなお花を手向けます。お参りする日は カトリックでは 毎年の11月2日(万霊節)と故人様の命日、プロテスタントでは 召天記念日に追悼会を牧師様を招いて墓前で営みます。

 

   今回は以上です。

▲このページのトップに戻る